なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
最初で最後の寿司
2012-07-19 Thu 22:38
会社の同僚に、かなり勢い良く買い物をする中国人の友人がいる。6万円の革ジャンとか、20万円のギターとかを買い、家にはギターが4本もあり、2万円するイヤホンを愛用しているこだわり派だ。いつも「ようやるな」と思って聞いていたが、そんな彼にも苦労の時代があったのを知った。

彼は大学から日本に来たが、来てすぐの頃はあまりお金がなかった。日本に来てまだ一年がたたない頃、一緒に来た仲間の一人がさらにアメリカへ行くことになった。彼は日本に来てからまだ寿司を食べたことがないので、アメリカへ行く前に日本の寿司が食べたいと言った。二人はスーパーへ行き(寿司屋に行く勇気はなかったらしい)、パックの寿司を買うことになった。「最後だから高いのを買おう」と980円の寿司を買ったが、当時お金がなくてバナナとパンだけでしのいでいた彼らにとって、それはひっくり返るほど高額な値段だった。スーパーの980円の寿司をかみしめるように食べて、彼はアメリカへ旅立っていった。今でもその時のことは忘れないと、私の友人は言った。

この話を聞いた時、じわーっと涙腺がゆるんでしまった。こんな人生の物語に触れることができるのは本当に貴重だし、思い出の価値こそプライスレスだからだ。





スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ミスを悔やむ
2012-06-18 Mon 00:08
「なんであの時こうしなかったのか…?」と、繰り返し思い出してはそう悔やむことがある。先々週、とある手続きをするために、父の会社から届いた書類を中国にいる両親に転送したのだが、この時の私は何を思ったのか、単に海外定型の郵便料金が160円であることを調べて、80円切手を二枚貼って普通郵便で出してしまったのだ。再発行のきかない重要な書類だった上に、記入して送り返してもらって、それを30日以内に日本の役所へ提出しないといけないという期限もあった。あの時どうして900円払ってEMS(国際速達)で出さなかったのか?どっちにしようかと迷ったのではさえなく、なぜあの時それを考えもしなかったのか?投函した翌日から、その後悔に苛まれ続けた。6/4に投函した封書は、あれから丸二週間たったが向こうには到着してない。どこかで紛失してしまったのか?一体あとどれくらい待てばいいのか?このままでは手続きに間に合わなくなってしまう。投函する前の自分に戻ってやり直すことができたらどんなにいいだろう。そればかりを考える。





別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
文字遊び
2012-06-12 Tue 00:59
ネと申すで神と書いてみせる日本語にも最初びっくりしたけど、英語だってそういう文字遊びがある。ネットで出回っている(らしい)文章が以下。慣れれば簡単なので、読み方の解説はせずに訳だけ置いておく。


TH15 M3554G3 53RV35 TO PR0V3
H0W 0UR M1ND5 C4N D0 4M4Z1NG TH1NG5!
1MPR3551V3 TH1NG5!
1N TH3 B3G1NN1NG 1T WA5 H4RD BUT NOW,
ON TH15 LIN3 YOUR M1ND 1S R34D1NG 1T 4UT0M4T1C4LLY
W1TH OUT 3V3N TH1NK1NG 4B0UT 1T, B3 PROUD!
0NLY C34RT41N P30PL3 C4N R3AD TH15. R3 P05T 1F U C4N


「この文章で人間の能力のすごさがわかるよ。
本当に大したものなんだって!
最初は難しかったかもしれないけど、
ここらへんになるともうスラスラ読めるでしょう?
もはや頭で考えてさえいない、素晴らしい!
これは限られた人にしか読めない。転送してね」


なんとまあ、手の込んだチェーンメールだこと。笑





別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
写真の中
2012-04-18 Wed 22:36
P1010184.jpg


もうすぐ結婚する友人に頼まれて昔の写真を探していたら、私の場合、写真はたくさん撮るもののそんなに見返さないので、それはもう懐かしくなってしまった。上のは、渡米一年目のとある晩、2人の友人が私の部屋へ勉強しに来て、しばらくすると一人が寝ちゃって、もう一人がそれを写真に撮っているのを、さらに私が撮ったものである。まったく勉強がはかどっている様子はない(笑)。

『八月の博物館』という長編小説で、写真が一枚あればそれを立体空間に再現して、分子レベルまで忠実に再現すれば、時空が同化(リンク)してその写真が撮られた時のその空間に行ける、という設定があった。その技術であらゆる時代のあらゆる空間へリンクする無数の扉を持つ不思議な博物館に主人公が迷い込み、写真に残されたリンクからたどって“写真に残されなかったもの”の実物を見るべく、19世紀のエジプトへ行って冒険を繰り広げるのだ。

…そういうのもあったな、というだけの話。





別窓 | 流れ行く日々 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
無題
2012-04-17 Tue 23:35

なんてこった。選ばれなかったのだ。
だってあの時こう言ったじゃん!とか、
約束したじゃん!なんて問題にすらならない。
選ばれなかったという結果のみが全てで。

相手にこれ以上文句を言っても無駄。
結果はいつでも過程よりも強い力を持つ。
舌打ちして、ヤケ酒でも飲むしかない。
星も見えやしない夜空の下で。





別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
金星と木星
2012-03-15 Thu 22:48
IMG_9362.jpg

今日の夕方の西の空。
天気予報で知って急いで外に出て空を見上げたのだが、上の端に並んで二つある明るい星は、右側の明るい方が金星(マイナス4等)、左側の方が木星(マイナス2等)だ。二つが近くに並ぶ珍しい光景だそう。なお、3/26には、金星・三日月・木星が並ぶ現象が見られる。


IMG_9352.jpg

同僚から「出張中に会社の寮が火事とかになったら大変だから、大事なマーティンのギターを預かってくれ」と言われてしばらく預かっていたギターを本人が取りに来て、ついでにちょっと弾いてくれた。
「マーティンと言ったら“レイラ”のエリック・クラプトンでさ!」とか話しておきながら、弾き出したのは「乾杯~今~君は人生の~」ってそれ長渕剛じゃん!Σ( ̄ロ ̄lll) 
他にも、ニール・ヤングやサイモン&ガーファンクルが使っていたらしい。音楽史に残るギターといえる。





別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
雪見猿
2012-03-13 Tue 00:02
週末、長野県へ遊びに行き、温泉に入る猿で有名な地獄谷野猿公苑と、景色のすばらしい斑尾高原でのスノーシューをしてきた。雪国の街には独特の静謐さがあって美しい。また、地獄谷野猿公苑は海外のガイドブックにも載る有名スポットなため、来場者の相当数が外国人で、「(吹き上がる温泉もあったので)こりゃイエローストーン国立公園にいるみたいだね」と話していた。


IMG_8891.jpg
野猿公苑の中の建物。積み上げられた胸壁の感じが好き。

IMG_8889.jpg
音を立てて温泉を吹き上げ続ける噴泉。湯けむりが風情を添える。

IMG_8977.jpg
きたー、猿きたー!後でこのポーズを真似してみたけど無理だった。

IMG_8974.jpg
猿に群がる人々(笑)。猿はまったく人やカメラを気にしない。

IMG_8988.jpg
これ、入ってる間はいいが出たら超寒くないか?(←平気な様子)

IMG_9175.jpg
斑尾高原にて。青空と白雲に向かってせっせと登る一団。

IMG_9178.jpg
雪の上に木々が影を落とす。風もなく静かな風景。

IMG_9229.jpg
このなだらかな雪の丘の下には、道路標識や看板が隠されている。

IMG_9236.jpg
杉林で上を見上げたショット。枝がゆっくり揺れて粉雪が舞う。

IMG_9261.jpg
頂上から見る山々。きっと「青い山脈」とはこれのことだ。


頂上でランチ中、神田川・なごり雪・津軽海峡冬景色とナツメロ(というか完全に世代が違うからまったくナツカシくない)メドレーになる。赤い手ぬぐいマフラーにしないと。





別窓 | 流れ行く日々 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ネーミング
2012-03-06 Tue 01:01
日本語の創造力と表現力はすごいなぁと常々思っているが、これも的確でおもしろい。

<現代男子の恋愛気質>

 ①肉食系 …いわゆるがっつく人
 ②草食系 …受身でおとなしい人
 ③絶食系 …恋愛なしで満たされている人
 ④拒食系 …三次元の女性が怖い人

よくもまーこんなに名前を付けたわ。


ちなみに、“据え膳食わぬは男の恥”というこっぱずかしい慣用句の現実性について、30代後半の女性の先輩に聞いたところ、「据え膳は食うのが当たり前でしょ!つーか据えられてなくても自ら手を伸ばす」という証言があった一方で、同年代の男性の友人いわく「もし完全にあとぐされがないなら考えるけど、そんなことはまずないから据え膳には手を出さない」だった。世代の差ってやつを実感。





別窓 | 流れ行く日々 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
本の海
2012-02-10 Fri 00:29
ネットには色々と面白いものが転がっている。本が好き、かつ古びたものが好きな私にとって、この閉館40年以上経ったというロシアの図書館の写真はとても興味を引いた。


cut.jpg

誰も訪れなくなって久しい図書館と、その床いっぱいに広がる本の海。


094909f46ef1ad6156eb486036f5ff35.jpg

貸出しカードに残された日付は1968年。世界では米ソ冷戦の代理戦争であるベトナム戦争が熾烈を極め、日本では大学生らと機動隊員が街のあちこちで衝突していた年である。もちろん、1984年生まれの私にとっては、白黒のドキュメンタリーの中でしか知らない世界だ。


小学校の教科書で、題名は忘れてしまったが、文明が生まれる前の地球に宇宙人がやってくる話があった。宇宙人たちはまだ何も文明を築かれていないのを見て、「来るのが早すぎた」と思い、「未来に彼らがこれを読めるようになったら」とタイムマシンの作り方などあらゆる知恵を詰め込んだ本を地中に埋めて去った。それから数千年後、人類はその知恵の本について知ることもなく、核実験でそれを消し去ってしまうというオチだった。

ここにある無数の本も、誰かが手に取ったならば、そこには人類が積み重ねてきた知恵とか、時間をかけて発見した美しいものとか、色々な人間の人生の物語などがあるはずだ。しかし誰も本を開かず、このまま静かに消えていくかもしれない。きっと誰も知らないところで、そうやって消えていったものはたくさんあったのだ。





別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
空の色
2012-01-15 Sun 00:33
私は高いところが好きなので(だから山登りも好きなのですヨ)、飛行機に乗るときはなるべく窓際の席を取るようにしている。空からの風景というのは、どれだけ見ても見飽きないからだ。一般ピープルの宇宙旅行がまだ実現していない今、飛行機の小さな窓からのぞく景色が宇宙にもっとも近付ける景色でもある。


IMG_7771.jpg
青い空と青い海。所々に漂う雲が肌布団のように優しく地上を覆う。(神戸あたり)

IMG_7770.jpg
明石海峡大橋と淡路島。自分で運転して行ったことがあったのですぐに分かった。

IMG_7774.jpg
北京市へ向けて降下中。黄砂の季節でもないのにこの黄色く曇った空。

IMG_7848.jpg
地上に降り立ってから見上げた空。あれ、なんか意外に普通だ。


北京の大気汚染は、2008年のオリンピックの頃に工場の稼動を止めて改善したものの、
最近はまた毎日ニュースで大気汚染指数が報道されるほどひどくなっている。
空気は「当たり前すぎて気付かないもの」と「なければ生きられないもの」の代名詞だ。
日本の空ぐらい青くきれいに晴れ渡ることを切に願う。






別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 紅炉一点雪 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。