なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
美と化粧
2008-08-30 Sat 07:09
社会人になって半年近く。結局、今まで通り化粧をせずにやっている。別にそれでいいと思っているのだけれども、会社のオジサンたちが他の女性に「○○さんのようなキレイな女性がいてうれしい」といった類の軽口を叩いているのを聞くとなんだか複雑な気分になる。自分はそれでいいと思っていて、どれだけ自分なりに胸を張っていても、“そういう問題ではない”のだろうか。

Citywave Tokyoというサイトで、宝塚雪組男役トップスター・水夏希さんのインタビューが載っていた。演じる役は新撰組の沖田総司から貴族の若者、黄泉の帝王と幅広く、その度に自分でベストな舞台メイクを研究しているという。(みんな自分で舞台メイクをしているらしい!)「自分のなりたい顔という目標を定めて、鏡を見てトライ&エラーを繰り返す」とのこと。その彼女の「独りよがりで我が道を行くより、他人が見て美しいと思うものを取り入れるのも大切です」というコメントを読んで「うっ…」と思ったが、その後でこうも言っている。

02.jpg

「自分をキレイにできるのは自分だけ。他人が自分の顔に上手にメイクをしてくれたとしても、ハートがキレイで、キレイになることが好きで、心からキレイになりたい!と思っていなかったら、実際にキレイには見えないんです。逆にメイクをしてなくても、自分が充実して、好奇心もあって、美しくなりたいという思いに満ちていればキレイに見えるもの。美は本当に内面から、だと思います!」

で、結局どっちに頑張るべきなんだっ!



スポンサーサイト
別窓 | 自分って実は | コメント:12 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
閉会式後の変節
2008-08-26 Tue 04:57
日曜日の夜に見そびれたオリンピックの閉会式の映像を観ようと、昨日は早起きしてNHKの7時のニュースをつけた。そして閉会式のニュースが報じられる時に、アナウンサーが開口一番に言った言葉に驚くことになる。

「17日間の全日程と全競技を終え、昨晩、北京オリンピックが閉幕しました。中国政府はオリンピックの成功を誇示していますが、言論の自由や人権問題など様々な問題が噴出しました。」

誇示という言い方、そして指摘が正しいとしても、それをまだオープニング映像も終わっていない最初の最初に言ったこと。

あんなに盛り上がっていたのに、「オリンピック観戦はNHKで!」とか何とか爽やかな笑顔で毎日言っていたのに、閉会式の翌朝の7時のニュースでそんな事を言うとは思わなかった。

NHKは仕組み的には国営放送ではないが、海外から見れば国営放送の位置付けにある放送機関だ。イギリスのBBC、アメリカのCNNなのである。

そういう自覚があるのかどうか知らないが、節操というものがないんじゃないんだろうか。



別窓 | 考えてみると | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
新旧の車
2008-08-23 Sat 05:59
世の中には新しいものが好きな人もいれば古いものが好きな人もいるが、車の世界でその違いを見る事ができる。

VW_Kuebelwagen_1.jpg

ky044.jpg

これはアメリカ軍のジープに相当するドイツ軍のキューベルワーゲンで、1938年にポルシェ設計事務所がフォルクスワーゲン・タイプ1を軍事用に改造したものだ。独特のドアの開き方が特徴である。第二次世界大戦でヨーロッパやアフリカの戦場を駆け回ったこのキューベルワーゲンが、なんと今でも市販されている。130種類のカラーバリエーションから選べて、しかもエンジンはビートルの現役のものだから実用には問題ない。ちょ、ちょっとほしい…。


080818LexusNuaero.jpg

080818LexusNuaero-b.jpg

それに対して、こちらはレクサスのコンセプト車「Lexus Nuaero」。足より手の方が正確に運転できるという考えに基づいて、足元のペダルを取り払って全ての制御機能をハンドルに集めたという。「4輪ホイールの1つ1つに付いた電子モーターで駆動する車なので、トランスミッションはありません。ブレーキは、ハンドルを押して体から遠ざけるという直感的な操作で行います」とデザインしたR&dbrink。うーん、とりあえずこの車はどこから乗ればいいんですか。


別窓 | 趣味に走るが | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
北島選手のインタビュー
2008-08-18 Mon 06:52
昨日、NHKの番組で首に金メダルを二つぶら下げた北島康介選手が招かれた。どこか倣岸不遜なところのある北島選手だが、そのインタビューでも彼の正直さが出ていた。

アナウンサー「前回のアテネオリンピックからの四年間、どんな思いで頑張ってきましたか?」

北島「この四年間でっていうストーリーを作りたがると思うんですけど、自分としては一年一年が苦しかったです」

アナウンサー「前半の二年間は特に大変だったそうですけれども、その苦しみをどうやって克服しましたか?」

北島「克服って言うか、特別に何かをしたっていうストーリーを作りたがると思うんですけど、僕としては特にそういうのはないです」

正直なんだか一言多いんだか。言われたアナウンサーも困ったに違いない。


別窓 | 流れ行く日々 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
belongすること
2008-08-17 Sun 08:58
お盆休みの12日から15日にかけて、愛知に住む友人の家族と一緒に彼女の父方の実家である福島県会津へ行ってきた。親戚が集まる中、部外者ながら温かく迎えて頂き、友人からかねて予告されていた(笑)ご馳走と共に三日間をとても楽しく過ごした。

そこは山間にある集落で、麓を流れる只見川の水面に映える緑豊かな山々がとてもきれいだった。人々が代々住んできたその集落ではまさしくeveryone knows everyoneで、友人の苗字はかなり珍しい方なのにそこではその同じ苗字の家が並び、友人の紹介曰く「こっちはじいちゃんの兄弟の家、あっちはばあちゃんのいとこの家だよ」といった具合だった。美しい山と水、自給自足のできる生活、共同体としての地域。「ここに住みたい!」と私と友人の弟が言う中、友人は「え、私はいいや」と言っていたが。

もう一つ印象的だったのは、毎年8月13日の夜に開かれているという「十三日会」だった。麓の旅館の座敷で親族一同が集まって夕食をとるのだが、座敷でお膳を頂くという事自体が初めてだったので感動した。おまけに入り口には大きな七輪があって、竹串に刺した魚の塩焼きがぐるりと炭火を囲んでいた。なんと風情のあることか。十三日会ではまず友人の祖父が席を指定し、全員が着席すると今年の会のあいさつを述べる。それから祖母が孫たちに渡す「盆小遣い」の包みを取り出し、一人一人を前に呼んで包みを手渡しながら言葉をかけた。それらが済むと宴となり、大人は大人で酒を飲み、子供たちはトランプをしたりする。運ばれて来るお膳と地酒の美味さにそれぞれが舌鼓を打ちつつ、宴の夜は更けていった。

この伝統ある十三日会に参加させて頂いた後、私はbelongするという事について考えた。ニュアンスとしては、共同体に属する、あるいは系譜に連なるといった意味だ。単純にその時に思ったのは、「ああ、きっとこの家の子供たちは非行に走ることはないだろうな」という事なのだが、それはなぜだったのか。きっとこの十三日会は各々の参加者、特に若い者たちに自分が所属すべき共同体、連なるべき系譜をはっきりと意識させる意義があるのだ。そして、自分が確固としたものにbelongしていると思える時、そこに揺るぎない絆が存在する事を信じられる時、人はそれによってしっかりと支えられ、またそれに恥じないように生きようと背筋を伸ばすのだろう。

これは「田舎の人は純朴で温かくて都会の人は冷たい」という単純な二元論ではなく、人がまっすぐ生きていくためには何が必要で、そのためには何が出来るかという彼女の親族たちの信念と行動の結果であり、それを垣間見る機会を与えて頂いた事に感謝している。

別窓 | 考えてみると | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
叩けば直る
2008-08-05 Tue 08:01
ここのところは花火大会やこの地方独特の伝統的な夏祭りなどにいくつも出かけていて、紹介したいこともたくさんあるのだが、最近は残業も多くなってなかなか時間がない…。

さて、最近うちのテレビの調子がやばくなってきた。97年製造の14インチのブラウン管テレビを家から持って来て使っているのだが、先週ぐらいからスイッチを入れると画面の中央に細く一筋だけ光が映っていてあとは真っ黒という状態になるようになった。チャンネルを変えても同じ状態なので、明らかにブラウン管の問題である。映像は映らなくても音は聞こえるので、そういう時は仕方なくBBCニュースや音楽のチャンネルにしてラジオ代わりに使うようにしている。

しばらく点けっ放しにしておくと直ったりするのだが、もっと早く直す方法を見つけた。それはテレビの本体をばしばしと手の平で叩くことである。2、3回叩いて衝撃を与えるとその拍子に映像が映るようになるのだ。こんな旧石器時代の火起こしみたいなテレビの直し方は、聞いた事はあったが自分でやるのは初めてだった。それで本当に直るのでえらく感心したのだが、1分ぐらいしたらまた映像が映らなくなるので、根本的な解決にはなっていない。

別窓 | 流れ行く日々 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。