なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
無駄そのもの
2009-06-20 Sat 11:30
銀魂アニメ 第99話 「人生もゲームもバグだらけ」
なりゆきでギャルゲー勝負に挑む、真撰組局長・近藤と攘夷志士・桂(マリオに変装中)。


近藤:
「あらゆるギャルげーをやり尽くしてきた俺には、新しいゲームだろうが、どの選択肢を選べば女の子の高感度が上がるか、デートに最適な場所はどこか、何となく読めてしまう」

沖田:
「それを三次元でも生かせればねえ…」

近藤:
「俺のコントローラさばきには一部の無駄もないぞ。お前達に付いて来れるかな…?」

桂:
「ふはははは!一分の無駄もないとは笑わせる。恋愛それそのものが無駄からできていることを知らんか!

近藤:
「だ、誰だ!?」

424682c30a0281da6bb7a0a1b5610dcd.png

桂:
「無駄に胸をざわめかせ、無駄に不安になり、無駄にあがき、無駄に終わっていく。だが、それが無駄なことだったと誰が言えようか。いいや、その無駄にこそ人生のすべてがつまっている!!」 





銀魂っていいこと言うんですよ。






スポンサーサイト
別窓 | 趣味に走るが | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
サーベルタイガー
2009-06-19 Fri 22:02
サーベルタイガーって本当にいたんだ!
という、Biology Majorにあるまじき驚きを覚えたので書こう。

私がサーベルタイガーというものを知ったのは、「なにしろこれから戦争ですので」という台詞で有名な『皇国の守護者』の漫画版からだった。ばかでかい白黒の縦縞のシベリアン・タイガーにものすごい長い牙を生やしたような姿で、「剣牙虎」と書いて「サーベルタイガー」と読ませる。戦争用に訓練された剣牙虎とそれを操る兵士で組織されたのが剣虎兵部隊で、主人公の新城直衛中尉が相棒の剣牙虎の千早と戦場を駆け抜けるのが本作のストーリー。

余談:この作品は小説を漫画化したものだったが、原作者と漫画家の協力関係がうまくいかず、単行本5冊を刊行しただけで「諸事情により終了」となった。話が面白かったので残念。

20071101200625.jpg

…That’s ファンタジーではなくて何だろう??
剣牙虎はかっこよかったが、実在するわけないと思った。


しかし、本当にいたんですなぁ。(京極堂の益田風に)


Smilodon.jpg

800px-Smilodon01.jpg

サーベルタイガー(剣歯虎):漸新世後期から更新世にかけて栄えたネコ科の食肉獣の総称。肩高は1m~1.2m。上顎犬歯が独自に発達して20センチに及ぶ短刀状の牙となり、大型動物を専門に狩るための武器として使用された。巨大な犬歯は雌による性選択によって進化したものだが、これは一種の過適応であり、これが原因で環境へ適応が出来なくなりやがて絶滅したと考えられる。(Wiki)


思えば、人間のイマジネーションには必ず原型があり、ゼロから生まれるわけではない。そういう視点で、フィクションのネタの元ネタを探したら面白そうだ。



別窓 | 趣味に走るが | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Where the story ends
2009-06-14 Sun 06:46

武奈ヶ岳山頂
13日(土)は、滋賀県の比良山(釈迦岳・1060m、武奈ヶ岳・1214m)に登った。写真は武奈ヶ岳の山頂まであと少しというところ。雲なのか霧なのか、一面真っ白な世界へと突っ込んでいく。少し前を行く他の人たちがほとんど見えない。「人間は昼と夜の間をさまよい歩く幽鬼にすぎぬ」と言ったのはシェークスピアだったか。


お地蔵様たち
山頂のお地蔵様たち。比良山はかつて仏教寺院の栄えた山だったらしい。織田信長の時代に焼き払われ、その残骸が遺跡として残る。


パソコンに向かう
現在の様子。日曜日の夜はサザエさん症候群気味。同期の友達に借りたThe FrayのCDをかけながら、昨日の山登りのことでもブログに書くかとパソコンの前に腰を下ろす。青い缶はジュースです。(←ウソつけ)


The Fray "Where the story ends"

All we know is distance
We’re close and then we run
Kiss away the difference
I know you hate this one
But this is where the story ends
Or have we just begun
To kiss away the difference
I know you hate this one

僕らの間にあるのは距離だけ
僕らは近付いてはまた逃げる
そんなのはキスでごまかしてしまおう
君がそれを嫌いなのは知っているけど

でもこれが物語の終わりだよ
それともこれは始まりなのかな
そんなのはキスでごまかしてしまおう
君がそれを嫌いなのは知っているけど





別窓 | 流れ行く日々 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
アツいこと
2009-06-11 Thu 06:56
この前、美空ひばりの晩年を描いたドキュメンタリー番組をやっていて、少しだけ見た。日本の歌謡史に不滅の輝きを残すビッグネームであるのは聞き知っているが、当然ながらとても“自分の世代の人”ではないので、そんなに詳しくは知らない。

そのドキュメンタリーの中で、車の移動に耐えられない健康状態だったのをヘリコプターでコンサート会場に移動して20曲のステージを歌いきり、闘病生活の中でも歌うことへの情熱を失わなかった彼女の姿が描かれ、彼女はステージで「歌い続けたい/この命果てる日まで」というような歌詞の歌を歌っていた。

その姿に重なったのがQUEENのフレディ・マーキュリーで、同じような歌うことへの情熱と、エイズに倒れた彼の悲痛な叫びである「Show must go on」の曲名が思い浮かんだ。

美空ひばりもフレディも、歴史に名を残すほど文句なしにアツい人たちだった。しかし、彼らの姿が教えてくれるのは、アツいのは苦しいことでもあるというものだ。アツくなれるものがないと嘆く人がいるが、その苦しさに耐える覚悟を持った上で言っているのだろうか。「なんとなく」ではカッコいい生き方はできない。…ちなみに自分は、最初からそんな覚悟などない。





別窓 | 考えてみると | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
赤いウクレレ
2009-06-10 Wed 06:10
コンポとCDと漫画とウクレレ

最近、新たな趣味を始めました。先々月に出席した高校の友人の結婚式で頂いたカタログギフトから私が選んだのは、小さな赤いウクレレ。初の弦楽器への挑戦である。


四弦のネックは握るには細く

弦楽器(ストリングス)は、複数の弦を同時に弾いて音を出す。これがまず新鮮だった。小学校の時にピアノをやっていたが、ピアノはドの鍵盤を押すとドの音が、レを押したらレの音が出る。しかし、弦楽器は和音を奏でる。「C」というコードがあったら、第一弦の第三区を押さえて、左側の弦から「ソ・低いド・ミ・高いド」の組み合わせを爪弾いてポロロンと奏でるわけだ。

最初の調弦から「??」だった。“まずは第一弦から第四弦までを「A・E・C・G」に合わせて下さい”なんて言われたって、なんのこっちゃである。同期の友人に楽器をやっている人がいて、「A・E・C・G」とは「ラ・ミ・ド・ソ」であると教えてくれた。ドライバーで上のつまみを固定するネジを締め、その友人のエレクトーンを拝借してやっと各弦の音を合わせることができた。

それからネットでウクレレのコード表を探して、暇を見つけてはポロロ~ンと弾き、基本的なCとFとG7のコードで、ハッピー・バースディ、アルプス一万尺、ホタルの光、きよしこのよるなどを弾けるようになった。そのうちに爪でジャカジャカ弾くことも覚えて、ちょっとギターっぽくかっこつけながら、Jason Mrazの「I'm Yours」、The Frayの「You Found Me」、Maroon 5の
「Sunday Morning」などに挑戦している。

古代からあらゆる文明で無数のバリエーションの弦楽器が存在し、その人々の民族性をも表す音色を奏でて来た。実際に弦楽器をいじってみると、その理由がよく分かる気がする。シンプルな構造、多彩な音域、豊かな音色。いやぁ、弦楽器っていいですねえ。




別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
外人という呼び方
2009-06-09 Tue 04:43
うわー。また広告出ちゃったよ…。
最近どうも「書くぜー」っていう気概に欠けていていかん。



さて、私は「外人」または「ガイジン」という呼び方が好きじゃありません。そりゃー自分がそれに相当するという自意識が多少あるからという理由もあるのでしょうが、どうも気になってしまうのです。

私がそれが気になるのは、”「外人」との表記は(中略)、元来はよそ者、関係のない第三者を意味したもの(Wikipedia)”という定義のせいかとも思うが、この言葉を特に気にせずに使っている人を見ると、そんなに気にするものでもないのかなと思ったりする。

例えば、私の愛するB’zの「スイマーよ!」という曲には、『街ゆく恋人や外人を/気の済むまでうらやんだら』という一節がある。最初に聞いた時は結構ショックで、「イナバさん、ひどい!」と思ったりもした。まぁ人間のコミュニケーションとは双方の誤解と思い込みで成り立っているという説を私は強く支持するのだが、相手の意図は誤解なりにも分かるものだ。イナバさんが悪意を持ってこの言葉を使っているわけではないことは分かった。

身近な知り合いでも、「外人」または「ガイジン」という言葉を特に意識せずに使う人が多い。同期の友人も「ガイジンの友達が言ってたんだけどさー」と気軽に使うし、職場の先輩も「うちのチビらが将来はガイジンと結婚したいなんてぬかしよるねん」と笑いながら言う。

きっと、それでいいのだ。私はむしろ、「外人」という言葉が何も意識されずに使われることを喜ぶべきなのかも知れない。言葉に意味付けをするのは人間だ。だったら、自分で聞いていていちいち傷付く意味付けをするより、気にしないでいられる意味付けをした方がいい。





別窓 | 自分って実は | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。