なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
言葉と世界
2009-09-28 Mon 05:44

人がこの世界に存在する(生きる)ことで、一次的にまず得るものは経験である。暑い寒い、固い柔らかいなどの物理的な感覚であり、それは頭で考える前にただ流れ込んでくる。そこまでが「自分の世界」だ。

「自分の世界」の範疇を超えようとすれば、つまり自分以外の他者にその中身を伝えようとするならば、言葉が必要になる。言葉を使って、それをまったく経験したことがないかもしれない他者にその経験的な感覚を説明するという、「自分の世界」の中だけであれば必要のなかった行為に挑むのだ。自分の経験を他者により正確に伝えようとして言語が発達し、意思の疎通によって人は先人たちの積み重ねてきた経験という巨人の肩に立って、遥か遠くまで見渡せる能力を手に入れた。

しかし残念ながら、言葉は完全ではない。言葉が造り上げる非経験的な観念は、物理的な感覚によって築かれた経験を、一片ももらさずにすくい上げて外の世界に持ち出すことはできないのだ。言葉にされた時点で、「自分の世界」という海を自由に泳いでいた”経験”という名のシーラカンスは、釣り上げられて「外の世界」という地上の博物館に飾られる剥製と化す。それは確かにシーラカンスだったものだが、深海を悠然と泳いでいた頃の姿とは似ても似つかない。

自分の中にある経験は、(その中に留まる限りは)言葉にする必要もなければ、そもそも言葉にしようとしても決して完全には言葉にならない。言葉にした瞬間にその本質は失われてしまうが、言葉を使わずには外の世界と交わることができないというジレンマに人は立たされている。だから、この世界は常に不完全なのである。










スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
熊野の海
2009-09-27 Sun 05:25
世界遺産の熊野古道で知られる熊野へ遊びに行った。
江戸時代、「伊勢に七度、熊野に三度」と言われた熊野詣で。
紀伊半島を南下して、和歌山県へ足を伸ばした。


P1280405c.jpg
獅子岩のある七里御浜。久し振りに波の音を聞いた。


P1280406c.jpg
ここのビーチはなんと丸い石。砂礫海岸というらしい。


P1280420c.jpg
トイレのタンクの上に置こうと拾った石。

ここで一句。
波打ち際から拾った時は、濡れてきれいに光っていた石だったが…。
『思い出石 乾いてみると ただの石』


P1280512c.jpg
熊野大社本宮・第三殿。祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)。

紀伊半島はまさしく、『古事記』の世界が息づく神々の古里であった。






別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
句作
2009-09-23 Wed 01:14
シルバーウィークは八ヶ岳連峰に行ってきた。

P1280186c.jpg
硫黄岳~横岳から赤岳を望む


P1280152c.jpg
富士山!!


P1280216.jpg
八ヶ岳主峰・赤岳 2899m



北海道旅行の時、メンバーの一人が見えているのになかなかたどり着けない終点の駐車場を見ながら、こんな句を作った。『十勝岳 近くて遠い 駐車場』 それにちょっと触発されて、句作をしてみたり。

『秋の風 稲穂を渡る 月夜かな』 
(亀山のマンションから見える田んぼの風景より)

『牧場に いるのはただただ 人ばかり』
(ソフトクリームが人気な牧場には動物の代わりに人・人・人)

『バイバイを 言えずに窓の 外を見る』
(うまくさよならを言えないまま別れて憮然と車窓の外を見やる)


好きな俳人は種田山頭火。それって自由律じゃん。







別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
寸評
2009-09-17 Thu 08:30

51IRrW94UTL.jpg

『幻月楼奇譚2』 今市子
今さんの本は作者買い。どれも面白い。

「殺したいほどは愛してないってのは、愛しているから殺せないって事だろう。めんどくさい…」
「あたしにはわかりませんよ。楽しく暮らして何がいけないんですかね」



513HYRSMF0L__SX230_.jpg

『not simple』 オノナツメ
圧倒的な物語。この作者にハマるきっかけとなる。

「”家族”を求めていない俺の方に、それは来て、それを求めてきたあいつは、今どうしているのか…」



RIMG2246.jpg

『ソラニン』 浅野いにお
会社に入ったばかりの頃に読んで、ものすごく共感して揺さぶられた。
内容があまりにタイムリーだった。今でも心に残っている作品。

「これでいいんだ」
「本当に?」
「いいんだ」
「…本当に?」
「(無言の絶叫)」




ところで、明後日から2泊3日で長野県・八ヶ岳に行って来ます。
北海道以来、川遊びばかりで山登りに行っていなかったので、体力としばらく使っていなった装備にちょっと不安…。リーダーに言われて上長(課長)に登山届を提出したものの、提出された課長がきょとんとしていた。








別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
レガッタ参戦
2009-09-15 Tue 06:51

P1280032.jpg

会社で卓球部に入っているのだが、この卓球部には色々と課外活動がある。年明けには三重県の鳥羽へ”焼カキ食べ放題”に行き(1時間で好きなだけ焼カキを食べられる。ただし自分で殻を剥かないといけない。少しでも多く食べるために、あらゆる調味料を買い揃えて行った。最高記録は一人で124個)、夏には大台原にある宮川をせき止めたダム湖の奥伊勢湖で開催されるレガッタレースに参加した。


P1270929.jpg

全員まったくの初心者で、去年の夏にやった唯一の練習の時に初めてレガッタの艇(ふね)というものを見た。非常に長細くて、先端は剣のように鋭い。まさにスピードを出すためのフネといった感じだった。上の写真で一番右側に座っているのがコックスと呼ばれるかじ取り役で、後ろの四人が漕ぎ手である。(帽子をかぶっている一番手が私。)それぞれ片側一本のオールを持ち、左右二本ずつのオールで漕ぐ。


P1280018.jpg

そんな超初心者、練習は一年前の一回のみという私たちが、なんと準決勝まで進む。一回漕げればいいやと思っていたのに、三回もレースに出た。準決勝では上位二位が決勝に進めることになっていて、私たちは前半二位をキープしていたのだが、後半でスタミナ切れして追い抜かされてしまった。写真は一艇身の差をつけられて三位でゴールラインを通る様子(右側の艇)。「まぁ、俺たち卓球部はスタミナじゃなくて瞬発力だからな」とメンバーが負け惜しみを言った。


そんな、水面の上を風を切りながら、漕いで漕ぎまくった日曜日。







別窓 | 会社に行くと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
べた踏み
2009-09-10 Thu 06:31
車を車検に出していた間、代車としてスズキのワゴンRに乗っていた。トールワゴン軽車の草分けであるワゴンRには結構興味があって、軽車だけど室内スペースがたっぷりとあるので、車探しをしていた時は購入を考えたこともあった。

さて実際に乗ってみると、やっぱり室内が広い。もちろん軽車のサイズ制限によって横幅は狭いのだが、天井が高くて狭い感じはしない。せっかくのワゴンRなので、後部座席を倒してフラットにした状態で、中に入って寝転がってみたりもした。(向かいのドアの人が出てきたらどうしようと思いながら…。)

もう一つ試してみたかったのが、「アクセルべた踏み」。普段乗っているスパシオはそこそこ馬力があるので、思いっきりアクセルを踏んだら大変なことになるが、660ccのワゴンRだったらそれができる。というか、車重が軽くて慣性がきかないせいか、アクセルから足を離すとすぐにスピードが落ちてしまうので、普通の加速でもアクセルをかなり踏み込む+アクセルを踏み続けないといけないのだ。軽車が”ゴーカートのよう”と称されるのは、つまりその2点によるものだろう。

とはいえ、スピードも出るし、車が小さいので扱いやすい。そして何より特筆すべきは、買った時の税金が安ければ、毎年の自動車税も安くて、車検費用も安いことだ。今回の車検で、私の車は1500cc以上の中型自動車に分類され(ちょっと多いだけの1600ccなのになんだか損だ)、軽自動車の2.5倍のお金を払っている。

今回代車を出してもらう時に、「オートマでもマニュアルでも大丈夫ですか?」と聞かれて一応「はい」と答えたものの、本当にマニュアルに当たったらどうしようとドキドキだった。クラッチの踏み方なんてとうに忘れてしまったペーパーマニュアル免許保持者は、車検のお店から出ることもできなかったかもしれない…。







別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
網走124Km
2009-09-09 Wed 05:58

P1260218.jpg


…と書かれた看板が写る写真を載せるテスト中。


今までブログに写真を載せる時は、「編集」で縦と横をそれぞれ25%に縮小して載せていたのだが、新しいパソコンのWindows Vistaではその機能が見つからない。自動調整とか赤目修整とか高度な機能は揃っているのだが、単純な縮小ができないではないか。

そこで、今まで使っていなかったブログのサムネイルを使ってみることにした。一見同じだが、クリックすると原寸大になる。今までは320×240にして載せていたのを、1260×960のままで320×240の表示にしているだけだからだ。…むしろこの方が良くないか?


最近、朝晩が涼しくなり(たぶん山間にいるから余計にそうだ)、残業後の会社帰りにはもう肌寒いぐらいである。今年は梅雨明けが遅くて、すごく暑かった日がそんなに多くなかった気がする。そんな、過ぎていく季節を少し惜しむ今日この頃。





別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。