なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
はったい粉
2009-11-30 Mon 07:05
はったい粉という食べ物がある。麦を炒って粉にしたもので、なんとなーく昔に食べた思い出があって、香ばしくて(砂糖を加えるので)甘くておいしかったような気がする。先日、大台ケ原に山登りに行った帰りに、お土産屋さんにはったい粉が売っているのを発見して買ってみた。

Wiki① 別名は麦焦がし(むぎこがし)、煎り麦(いりむぎ)、香煎(こうせん)。
(私が買った袋には「はったい粉」、その左に「麦焦がし」、その下にカッコで「こうせん」と各種の呼び名がほぼすべて書いてあった)

Wiki② 保存性がありながら、いつでも食べられる簡便食、携行食として重宝されている。チベットでは類似のものをツァンパと呼び、主食としている。

Wiki③ 徳川家康も好物であったとされる。

Wiki④ 時代劇では着物や体に付着している泥やほこりははったい粉が用いられていることもある。

なるほど~。
ちなみに、私ははったい粉に砂糖を加えてお湯で溶いたのと牛乳で溶いたので食べてみた。なかなか素朴でおいしいのでお試しあれ。




スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
キャンプファイア
2009-11-26 Thu 06:41

P1290133.jpg


奈良県の大台ケ原でキャンプした夜に撮った、火がはぜる瞬間。
24分の1秒のシャッタースピードの間に飛んだ火花である。



別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Photojournalist
2009-11-24 Tue 08:23
スペインのジャーナリスト、エミリオ・モレナッティ氏の写真を2枚。
(カブール、アフガニスタン)

091020photographer2.jpg

091020photographer3.jpg


「カメラを下ろせ!写真を撮るな!」と怒りの形相で叫んでいる武装兵士とこんなに間近に対峙して撮られた写真。取材をするなと脅されている現場を取材し続けるカメラ、こっちを見るなと怒鳴る方を見続ける記者の目。それこそが”ペンは剣より強し(今なら銃より強しか)”を標榜するジャーナリストの華か、あるいは誰かが見られたくないものを遠慮なく記録しては全世界に流してしまう一方的で冷酷な行為か。

…ダメだなぁ、本気で目指すにはとても度胸が足りないな。



別窓 | 考えてみると | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
コエラカントゥス
2009-11-17 Tue 07:22
インドネシア近海でコエラカントゥスの稚魚を発見。
朝のニュースで見て、「おお~!」と思った。

コエラカントゥスってのはあれですよ、あれ。
Coelacanthus ←ラテン語
英語で言うと、Coelacanth=シーラカンス
日本語にすると、硬骨魚綱肉鰭亜綱総鰭下綱 (何それ…)

そもそもシーラカンスというのはものすごい種だ。6500万年前の中生代白亜紀末に起きた大絶滅で消え去ったと思われていたのに、1938年に南アフリカで生きている姿が発見されて皆びっくり。例えるならば、駅前の本屋で立ち読みしていて、ふと横を見たら関羽が立ってた!みたいな。しかもよく見たらジャンプ読んでるよ!みたいな。…ありえないけど。

現生種の存在というのはその種の生態解明に決定的な意義を持つもので、シーラカンスにおいても①原始的な脊椎は空洞になっていて液体が詰まっている、②うきぶくろには空気ではなく脂肪が入っている、③メスが体内で卵をふ化させ少し成長した後に産む卵胎生である、などが解明されてる。

そりゃー普通に生きて目の前にいるんだから、化石からただ想像するしかない場合に比べたら、桁違いの情報を得ることができる。恐竜の研究者たちは、シーラカンスのように恐竜も生きていたらと願っていることだろう。

scn0911162159009-p1.jpg
体長31.5cm かわいい…かも。



別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
土佐弁
2009-11-13 Fri 11:56
小説にしろ絵画にしろ、ディテールとリアリティが大事だ。それは、出版されている作品をベースに作られて、ネット上などで公開されるパロディ小説や二次創作の類でも同じである。

さて、坂本竜馬の「なめたらいかんぜよ」で有名な土佐弁。某少年誌の人気作品には竜馬をモチーフにしたキャラクターがいて、当然ながら土佐弁を喋る。そこで大変なのは、(プロ作家である原作の作者はともかく)二次創作にそのキャラクターを登場させるファンの作り手たちで、土佐弁に四苦八苦しながらもリアリティを出すために頑張っている。


<土佐弁の例>
「あいたー しょー りこもんじゃけんど りぐりじゃき しょーむつかしいぜよ」
(あの人はすごく頭のいい人なんだけど、理屈っぽい所もあって難しい)

「おらんくでおきゃくをやるき  ひさにやっちょらんかったけんど どうしてもきとうせ」
(うちで宴会をやるんだけど、しばらくやってなかったし、きっと来てください)


こりゃー、参考文献なしじゃ無理やきに…。




別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
高校生の自分へ
2009-11-06 Fri 05:22
Mixiニュースのランキングより。
20代・30代の働く女性に聞いた”高校生の自分へ言いたいこと”

第1位 「もっと勉強して」……20.4%
第2位 「もっとオシャレして」……19.2%
第3位 「好きな人にはちゃんと告白しておけ」……14.6%
第4位 「そのまま頑張れ」……11.0%
第5位 「部活や習い事をもっとまじめに」……8.4%
第6位 「友達を大事に」……7.8%
第7位 「そんなに食べると太る」……7.2%
第8位 「アルバイトしておけ」……5.0%
第9位 「そんな男と付き合うな」……4.0%
第10位 「もっと親孝行しろ」……2.4%


私はそうだなー、Nickelbackの『Photograph』の歌にもあったけど、”同じ時間をもう一度生きるとしても/きっと同じことをしただろう”って感じでしょうか。(あれ、成長がないだけ…?)







別窓 | 自分って実は | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。