なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
JARHEAD
2010-04-27 Tue 07:50
jarhead4.jpg

2005年の映画『ジャーヘッド』を観賞。
ジェイク・ギレンホールの濃ゆい顔とともに印象に残った映画。


アメリカ海兵隊を扱った映画の例にもれず、会話の7割が「fuck」と「shit」と「damn」でできている。『フルメタル・ジャケット』でお馴染の、鬼教官が新兵を罵倒しまくるシーンは名作へのオマージュだ。あと、みんなで『地獄の黙示録』を観ながら「行け!やれ!」とはしゃぐ兵士たちがとてもクレイジーだった。主人公は18歳で海兵隊に入り、厳しい訓練に耐え抜いて少数しかなれない斥候狙撃兵として湾岸戦争へ派遣されるが、待てども待てども敵とは交戦しない。想像していたのとは違う、「水を飲んで(hydrate)、訓練して、水を飲んで、待機して、また水を飲む」ばかりの砂漠での日々。緊張と恐怖と虚無と退屈。

中盤で主人公が見る夢は不気味で不思議で忘れられないシーン。人がたくさんいるはずの軍営で目を覚ますと誰もいない。西日の差し込む高い天井と白い壁。どこか遠くから鈴の音が聞こえるだけのあり得ないほどの静けさ。まったく現実感のないその空間は、「死の静寂」という言葉を連想させた。

ついに待ちに待った作戦命令。狙撃ポジションで息を殺しながら、スコープの向こうの標的(敵将校)を見つめる主人公。「狙撃用意…Fire…Fire…Fire――」ついにトリガーを引くかと思われた瞬間、他部隊の司令官が入ってきて「作戦はやめだ。これから空軍が来て全部終わらせる」と言う。その言葉に精神の均衡を崩す主人公の相棒。「お願いだから撃たせてくれよ…誰にも言わなきゃいい…どうせターゲットは死ぬんじゃないか…1発でいいから撃たせてくれぇぇっ!」小隊で一番理性的だった彼は暴れ回り、やがて泣き崩れた。そうして、一発も敵に向かって発射することのなかった銃弾。唯一銃を撃ったのは、戦争終結のパーティ(バカ騒ぎ)の中で。唯一仲間が死んだのは、実弾を使った訓練の中で。

最後、アメリカ本土に帰還した彼らのバスを町の人々が出迎える。ほっとしたものの、釈然としない顔をしている帰還兵たち。「よく帰ってきた!英雄諸君!本当によく帰ってきた」とバスに勝手に乗り込み、握手をして回るベトナム帰還兵の男。数十年たってもまだ戦争にとらわれ続け、中身のない誇りにすがりついているその男のくたびれた姿を見て、主人公は「Every war is different. Every war is the same.」と思う。自分もまた、あの砂漠にとらわれ続けているのだと。――And, we're still in the desert.



スポンサーサイト
別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
道楽
2010-04-22 Thu 07:11
「わしは探偵としての榎木津さんを――大変失礼な話だが、見くびっておったようだ。
所詮、名家の御曹司が道楽でなさっていることと――」
「大変失礼ですね」
道楽をなめていると榎木津は威張った。
「道楽とは道を楽しむと書くのです。世の中には道は渋い顔をしていないと歩けないと
思っている愚か者が多いが、それは大いなる間違いです」
道を楽しんで歩くことができない無能な者が言い訳がましくそういうことを云うのだと、
無頼探偵は明朗快活に言った。
何のことだか。
老人はいっそう渋い顔になった。

~京極夏彦 『陰摩羅鬼の瑕』 244ページ~


京極堂シリーズ7作目の『陰摩羅鬼の瑕』を読了。講談社ノベルズ版で上下二段書きの749ページである。内容の書評はともかく、上の榎木津の台詞が良かった。「世知辛ぇ世の中だぜ…」と苦い顔をしてつぶやくのが大人、みたいなふうに思われている節があるが、それは彼に言わせれば言い訳だそう。なるほど、道とは楽しむものなのだ。そして楽しむためには努力と覚悟が必要だ。ただ待っているだけで誰かが楽しませてくれるなんて思うのは不遜で、それでは不満しか出ない。榎木津大魔神の真似はとうてい無理だが…。

もうひとつ見所がある。


「伯爵――」
私はそう云いながら京極堂に向き合う。
「伯爵を――この人を救うことは出来ないのか。君は、京極堂、君は」
僕を救ってくれたじゃないか。
「人は人を救えないよ、関口君」
京極堂はそう云った。
「僕は神や仏ではなく、人だ」
「しかし、神も仏も」
「そうだ、嘘っ八だ。だから人は他人に騙されるか自分を騙すか、そうでなければ――」
自分の目で現実を見て自分の足でその場所に立つしかないんだと、私の友人はそう云った。
(737ページ)


シリーズ第一作目並みにこんな京極堂と関口君の友情を垣間見ることができる『陰摩羅鬼の瑕』、おすすめです。



別窓 | 考えてみると | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
COGU ジャンピングアワー
2010-04-17 Sat 05:58
jhl4-pk-1.jpg


アメリカを離れる前にWalmartで買った時計が動かなくなったので、新しい時計を買った。腕時計を選ぶのは好きなのだが、今まで3000円以上する時計を買ったことがない。チープで気兼ねせずに使えるものを、というのがモットーだった。しかし、社会人になったことだし、ちゃんとした時計を買おうかなと思って、初めて福沢諭吉氏(の描いてある紙)にお出ましいただくことになったのが、このCOGUのジャンピングアワーだ。

COGUとゆーのは、イタリア・フローレンスの有名なグッチ一家の四世代目としてロベルト・グッチの長男に生まれたコジモ・グッチ氏のブランドらしいのだが、ブランドに対して無学の一言に尽きる私はもちろん知らなかった。ただ、でたらめに並んだ文字盤の数字の奇抜さと、「クレイジーアワー」という商品名になんとなく惹かれた。(「イカれた時代へようこそ!」という某漫画の名セリフもあるし。)

数日後に時計が届いて、なぜか同封されていた分厚い説明書を読んでから、私はこの時計が自分の想像の斜め上を行くものであったことを知る。私は単純にデザインとして数字をでたらめに配しただけで、時計の針は普通に“時計回り”に動くのだと思っていた。しかし、世界に誇るイタリアの名門がそんな普通な時計を作るわけがなかったのである。

この時計はジャンピングアワーと呼ばれる方式の、本当に短針がジャンピングし回る時計だった。つまり、長針が一番上を通る頃に短針が機械仕掛けによって次の数字の場所までびょーんと動くのだ。…マジで!?しかも、電池を使わない機械(ゼンマイ)式。手の振動で自動的にゼンマイが巻かれる自動巻き付なので腕につけている間はいいが、買った当初や外してしばらく置いた後はゼンマイを巻いて時間を合わせる必要がある。…マジで!?

安くてお手軽な電池式に比べたらちょっと面倒だが、ジッポと一緒で大事に使えば一生もの。これこそが時計というものだ。…と言いつつ、山でキャンプとかしていてすぐに時間がわからない時にゼンマイが止まったらどうしよう…。


jhl4-pk-3.jpg



別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
御柱祭
2010-04-16 Fri 08:39
P1300876.jpg

先週の日曜日、“天下の奇祭”と称される長野・諏訪の御柱祭に行ってきた。いわゆる「急な坂の上から太い丸太を落として人々がそれに群がるお祭り」で、テレビで見たことがある人もいると思う。御柱祭とは、諏訪大社の建て替えに使われる新しい8本の御柱を切り出した山から下ろす際のもので、決して丸太に乗ってスピードを競うスポーツではない。(というか、御柱のことを丸太と言ったら怒られます。)建て替えは7年ごとなので、御柱祭は7年に一度しか行われないレアなお祭りなのだ。では、写真をどうぞ。

P1300856.jpg
揚々とはためく各参加地区の旗。これぞ地元の誇りという壮観な眺め。

P1300873.jpg
高い声でよく響く木遣り唄を歌い、それに合わせて綱を引く。
「お~れはさんのうへ~ よいさぁ!よいさぁ!」

P1300878.jpg
カーブを曲がる時に、こうして縄を外側へ押しやりながら進む。

P1300883.jpg
高くなっているのは御柱に乗っている人たち。そんなに乗ったら重そうだ。

P1300902.jpg
最後の御柱が坂の上をゆっくりと進む。絶え間なく木遣り唄が聞こえる。

P1300913.jpg
坂の斜面。ものすごい傾斜で、マジで45度ぐらいある。(見る方もそこで踏ん張っている)

P1300945.jpg
来た!御柱が来た!地響きと歓声が沸き起こる。みんな恐いもの知らずだ。

P1300920.jpg
今日の功労賞はこのカメラマンの方。鎖で身体を木に縛り付けて激写する。


まさに、“天下の奇祭”の名にふさわしいお祭りだった。



別窓 | 流れ行く日々 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
プリングルス
2010-04-02 Fri 09:21
アメリカの地を(とりあえず)離れた時に、誓ったことがある。
――「アメリカ以外の地でバカ高いプリングルスを決して買うまい」と。

だってWalgreenに行けば3個3ドルで売っているプリングルスが、日本では1本300円もするのである。1つ300円もするお菓子なんてもはやセレブの域だというのに、中身はたかだかポテチ。そんなん買うなんてアホくさくてかなわんわー。

……とか言っていたのに今日、298円でサワークリーム&オニオンを購入してしまった。なぜならば、こんなかわいいストラップがおまけに付いていたのである!さっそく携帯につけた。


img00182440878.jpg


こうして、かたい誓い(本当に?)もお菓子会社のおまけ作戦の前に破れたのだった。



別窓 | 流れ行く日々 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。