なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
「タイムライン」観賞
2010-07-29 Thu 07:12

あんな「山の怪談」を書いたままこの週末山に登りたくないので(←ビビリ)、違う話を書きます。

『タイムライン』という映画を観たが、なかなか面白かった。細かいことを気にしなければ楽しめる、タイムトラベルもの娯楽大作だ。ハイテク企業が物質の瞬間移動を研究していて、特定の時間と場所につながるワームホールに偶然ぶつかり、現代からそこへのタイムマシンが完成。それがフランスとイギリスの百年戦争の激戦地、1357年のフランス・カステルガールだった。そうこうするうちに、現代でカステルガールの修道院跡を発掘している考古学者たちが、そのマシンで1357年に送られた教授を連れ戻しにタイムトラベルするという話だ。

面白いのは、考古学者チームの出身地が1357年での彼らの運命に大きく作用することだ。フランソワというフランス人はイングランド(イギリス)兵に囲まれて、英語を喋っているのに「名前はフランソワです」と言った途端に「フランス人のスパイだ!」と剣でぶすりとやられてしまう。しかも彼は「通訳として君が必要なんだ」と他のメンバーから乞われていやいや参加したのに…本当にかわいそうだ。

もう一人はマレクというスコットランド人で、口を開いた瞬間になまりで出身がバレるが(確かにアメリカ英語とは全然違う)、さすがに同じイギリス島出身のおかげか、イングランド軍の司令官に「我々はスコットランドとも戦争しているがな」と睨まれつつも命は助かる。彼はフランス軍司令官の妹のレディ・クレアを(一目惚れして彼女をつけまわした結果として)何度も助け、最終的には彼女と人生を歩む決心をして現代には帰って来なかった。フランス人からしたら同じイングランドと戦争している同士、敵の敵は味方というわけだ。良かったねえ~、スコットランド人で。

また、あげ足を取るようだが、この映画には大きな矛盾が存在する。まず、冒頭でカステルガールの戦いの顛末が説明される。イングランド軍は捕えたレディ・クレアを処刑して要塞の城壁から吊るし、それを見たフランス軍は怒りの進撃を行って城を陥落させた。また冒頭の別のシーンで、マレクが男女の石像が手を握り合って眠る石棺を発掘し、男の像に片耳しかないことを訝しむ。最後になって、タイムトラベルしたマレクがレディ・クレアを守って片耳を切り落とされ、血だらけになりながらも「あれは俺だったんだ!」と喜ぶ。

…あれ?おかしくありませんか。レディ・クレアは殺されたはずなのに、なんで彼女の石像が残っているのでしょう?マレクがタイムトラベルして彼女を救う前なのに?

ま、そういう細かいことを気にしなければ面白い映画ということです。
違う話を書こうと気合が入って、長文になってしまったよ。



スポンサーサイト
別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
山の怪談
2010-07-28 Wed 06:24
誰か、こんな話を聞いたことはないだろうか。
どこかで聞いたのだが、よく思い出せない。

「ある二人の男が雪山に登った。仮に二人の名前を高木と岡田とする。二人は十分な食料を持って行ったが、吹雪に襲われて尾根にある避難小屋に逃げ込んだ。食料を切り詰めながら待っていたが、何日経っても吹雪が止まない。夜になると小屋の壁の内板をはがして暖を取るけれど、とにかく寒い。十分に食べていないから余計に寒い。そんな極限状況の中で、高木はついにピッケルを岡田の後頭部に叩き込んで彼を殺してしまった。これで食料の残りは自分のものになる。

高木は岡田の死体を運び出し、雪に穴を掘って埋めた。その夜、彼はたき火の側でうとうとしていて、妙な気配に目を覚ますと恐怖に目を見開いた。自分の横には、埋めたはずの岡田の死体が座っていたのだ。死体は完全に冷たいし、こびりついた血もそのままだ。高木はがたがたと震えながら岡田の死体を外に運び出し、もぬけの空になっている同じ穴に埋めた。戻って火のそばにいると、またうとうとしてきた。次に目が覚めた時、高木はついに悲鳴をあげた。岡田の死体がまたもや横に座っていた。高木はそれを運び出して埋めるが、気付くと死体は小屋の中に戻ってきていた…。

三日後、救助隊が高木のいる避難小屋にたどり着いた。救助隊は、小屋の前で一心不乱に雪を掘っている高木を発見する。どうしたのかと声をかけると、高木はうつろな目で「友人がここに埋まっていて、寒い寒いと言っているんです。早く掘り出して小屋に入れてあげないと」とうわ言のように言った。救助隊員の見ている前で高木は死体を掘り出して背負い、小屋に入って死体を隣に座らせると眠ってしまった。高木は自分で繰り返し岡田の死体を掘り出して小屋に連れ戻していたことを、全く覚えていなかったのだ。」



別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ある夕暮れ
2010-07-27 Tue 07:16
うちのマンションのベランダ(7階)から、けっこうきれいな景色が撮れます。空とか、雲とか、山とか、田んぼとか。そりゃーもう自然豊かな所なので、建物はあまりありません。これは、先週に撮った夏の夕暮れである。(クリックで拡大)


1 (2)
白く光る月と紫雲(?)たなびく東の空。とてもファンタジーな光景だった。

1 (3)
その下にカメラを向けると警察署。街の安全の守ってくれます。

1 (4)
西の夕焼け空。見慣れた鈴鹿山系と、右下が通勤路の旧国道一号線。

12.jpg
注目すべきは左の田んぼの中を走る電車(関西本線)。超「千と千尋」っぽい!


ところで、車の走行計が77777kmをカウントした。このタイミングで宝くじを買うと当たるらしいが、残念ながらどこに買いに行けばいいのかがわからなかった。運もそうだけど、今ほしいのは勇気と決断力、そして現状に甘んじない精神だ。



別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ムーンライト伊吹
2010-07-26 Mon 06:30
7/24・25週末は、(夏風邪をひいてゴホゴホやりながら)体力の限界に挑戦するかのような遊び倒しっぷりでした。まずは土曜日の午前中から出かけて、会社の友人らと名古屋・栄でお買いもの。洋服、靴、水着と見て回り、あっという間に夜になった。そして午後9時に名駅集合で、滋賀県・伊吹山(1377m)のナイトハイクへ出発。午後11時半に登り始めて、午前2時半に登頂。夜明けまでの間待とうと思ったら、山頂は吹きさらしで汗の冷えた体には寒く、やむなく神社のお堂に入って仮眠を取る。午前4時半、湿った服からくる寒さで目が覚めて、ただでさえ震えるくらい寒いのに外に出る勇気はなく、せっかく来たのに日の出を見逃す(ガクリ)。ものを食べて温まってからようやく外に出て、下山して名古屋に帰ってきたのはもう午前11時で、ハイクメンバーの家でシャワーを借りて寝させてもらい、夕方6時に再び名駅集合して蒲郡の花火大会へ。海と花火とお酒とご飯に大満足して帰途に就き、亀山帰着はちょうど深夜12時。いやー、生還できてよかった(笑)。

それにしても初めてのナイトハイク(夜登山)だったが、満月の夜、快晴の空、さえぎる木の少ない伊吹山、そして眼下に広がる黒々とした琵琶湖とそれを囲う街の明かり。本当に最高でした。地上からはただ見上げるけど、高所から見ると文字通り中空に浮いている眩しいほどの月と、“月明かりの粒子が大気のすみずみにまで満ちている(The atmosphere is filled with the moonlight!)”と言うしかないような光景だった。あれは忘れられない。写真に残せないのが残念。(というわけで、写真は明るくなってからのものばかり)


P1320164.jpg
のぼりきった太陽。赤い朝焼けと日の出は人の写真で見ました。笑

P1320172.jpg
北側の方向に広がる南アルプスの幾重もの山並み。

P1320185.jpg
下山し始めた地点から望む、朝もやにかすむ街並み。

P1320186.jpg
五合目から山頂を振り返る、なだらかな伊吹山。朝って感じ。

P1320192.jpg
二合目あたり。カントリーロードが歌いたくなる道である。


実は次の7/31・8/1の週末も、山小屋泊まりで3,067mの御嶽山(おんたけさん)へチャレンジする。朝の集合が早すぎて、前泊が必要になる模様。もしケチって漫画喫茶泊をする場合、60リットルのでかいザックを背負った明らかに普通じゃない人を入れてくれるかどうかが心配です。



別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
レッカー車
2010-07-22 Thu 06:33
えー、先日実家の車が人を満杯に乗せて交通量の多い交差点の中でエンジントラブルを起こして止まってしまい、クラクションの嵐に耐えるわ、警察官に交通整理を頼むわ、レッカー車で修理屋さんまで運ぶわで大変だったのだが、ついに自分の車もレッカー車のお世話になる羽目になった。

昨日の朝、メキシコ拠点とのテレビ会議を控えて早めに家を出、マンションから右折して旧国道一号線に乗った時、アクセルを踏み込むがなんと車が加速しない。これはやばい!と思って路脇に寄せてエンジンを切り、再度入れようとしてもスターターは回るが起動しない。「ひょえ~~~」と思って保険会社に電話し、レッカー車が来ることになった。(その間にも出勤する知り合いに目撃され続ける…。)

30分後にレッカー車が来て、ベテランの修理工といった出で立ちのおじさんが「うーん、プロメーターかなぁ」と言いながら色々見てくれたのだが……結論はガス欠でした。(激しく脱力)

レッカー車に乗ったままガソリンスタンドへ行き、顔見知りの店員さんに「どうしました~ガス欠ですか~」と苦笑されつつ給油し、高い座席から支払いをする。そしたら急に元気になるスパシオ。…さっきの私の焦りはいったい…。その場でレッカー車から下ろされて、おじさんとはさようなら。「すみません、お恥ずかしい話で…」と頭を下げつつレッカー車を見送った。

午後から会社に行き、同期の友人らにこのことを話すと爆笑。「ガス欠でレッカーなんて本当にやる人がいるとは思わなかった!」「あらゆることを実体験から学ぶのってすごいね」と称賛の嵐でしたとも(違)。ごめんよスパシオ、今度からはもっと早く給油するよ。



別窓 | 会社に行くと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
夏の盛り/祇園祭
2010-07-19 Mon 07:21
「夏の始まり」からまだ一週間しかたってないけど、もう「夏の盛り」です。7/17(土)は会社の友人ら8人で京都へ行き、天下に名高い祇園祭を見た。司馬遼太郎の『新撰組血風録』にある「長州の間者」という短編のラストで、長州の間者(スパイ)だった深町新作を造作もなく斬りすてた沖田総司が、“懐紙を取り出して刀をぬぐいながら、無邪気に夏の晴天を突くような祇園祭の鉾を見上げた”というような一文があって、それだけでも京都の夏の熱気と人斬り壬生狼の狂気をいっぺんに伝える忘れがたいシーンなのだが、その鉾をぜひ一度見てみたかった。


1 (12)
①三条大橋より夏雲浮かぶ鴨川。前回は桜の季節に来たので新鮮だ。

1 (13)
②最前線のロープに押し寄せる観客と制止する警官。これぞ祭りだ。

1 (3)
③来たー!最初の長刀鉾(なぎなたぼこ)。上品な祇園囃子を奏でる。

1 (4)
④この人たちが「ほぉっ!」と扇を横薙ぎに振ると、鉾がぐっと動く。

1 (6)
⑤これ!沖田が見上げたという“夏の晴天を突くような祇園祭の鉾”!!

1 (8)
⑥鉾の屋根に乗っている人の優雅な様。これが千年王都の余裕ってやつ?

1 (10)
⑦歩道を歩いていると、舞妓さんが見物していて渋滞。京都で初めて見た!



1.jpg

7/18~19は、2000年に中部電力の芦浜原子力発電所計画の白紙撤回を受けてきれいなまま残された三重県伊勢町の芦浜でキャンプをした。キャンプ道具をかついで2時間弱の山越えをしないと行けない秘境で、この暑さの中では本当に大変だった。たどり着いた灼熱の砂浜で暑くて重くてもう一歩も動けないような状態になり、郵便飛行機のパイロットでサハラ砂漠に不時着して数日間死線をさまよったサン=テグジュペリ(「星の王子様」の作者)の体験談を思い出したよ…。でも海も山も夜も星も最高にきれいで、その苦労は十分に報われた。

しかも、街を離れていた間に梅雨は明けたらしい。どうりで暑いと思った。



別窓 | 流れ行く日々 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
唯ぼんやりとした不安
2010-07-15 Thu 08:54

松本清張著 『昭和史発掘1』収録、「芥川龍之介の死」について。

「…自殺者は大抵レニエの描いたやうに何の為に自殺するかを知らないであらう。それは我々の行為するやうに複雑な動機を含んでゐる。が、少くとも僕の場合は唯ぼんやりした不安である。何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安である。」(「或旧友へ送る手記」という遺書より)

芥川龍之介。作家。昭和二年七月二十四日未明、田端の自宅で致死量の睡眠薬を呑み自殺。


松本清張は同時期に文壇に登場した芥川龍之介と谷崎潤一郎とを比べて、「文壇にデビューした華やかさは両者に甲乙はないが、質的にこうも違う。芥川ほど文壇の出発にあたってその環境に恵まれた男はいなかった」と述べる。芥川は夏目漱石の推挙で『鼻』や『芋粥』を発表して、たちまち文壇の寵児になった。また、漱石門下の徒党による集団的な支持もあった。そこが、一匹狼的に登場し、馬車馬的な強靭さを持つ谷崎とは決定的に違ったと松本は書いている。「芥川は最初から文壇的環境にめぐまれ、それだけに環境の変化に影響されやすい弱さを持っていた。それが芥川の不幸であった。」

谷崎は芥川の死を聞いて、「正直に云ふが君の自殺にはいろいろ分らない事が多い。ここ一、二年を無事に通過してしまへば、それから先は伸び伸びと生きられたやうに思へてならない」と不思議がっている。松本は断言する。「谷崎ならば金輪際、自殺などしない。絶えず周囲がチヤホヤして自分を受け入れてくれなければ淋しくてならないのが芥川の性格だった。それは多分に文壇出発時のめぐまれすぎた環境に影響された弱さからきていると思う。一、二年間を乗り切ることも芥川にはできなかった。」

不幸の中に幸福への布石があるように、幸福が不幸への布石となることもある。
明けない夜はないが、暮れない日もまたない。



別窓 | 考えてみると | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
雨読の本
2010-07-12 Mon 02:35
久し振りに古本屋さんへ行ってぶらぶらしていたら、買いたい本がわんさか見つかった。あるいは、なぜかノリにのって買いまくってしまったというべきか。以下、ジャンルレスで既読・未読ごちゃまぜの買った本リスト。

①夢枕獏 『奇譚草子』

夢枕獏は椎名誠の友人で、そのエッセイで知った。または陰陽師シリーズの原作者として有名。そんな夢枕さんが収集した奇異な話の数々。待望の復刊。

②嶽元野ばら 『下妻物語』

映画化されて有名になったタイトルだが、実はまだ読んだことなかった。ヤンキー少女とロリータ少女の友情物語らしい。

③ラフカディオ・ハーン 『怪談・奇談』

大御所が来ました。小泉八雲。今市子の「百鬼夜行抄」や京極夏彦の作品を読んでいても必ず出てくる、民俗学の父。

④コナン・ドイル 『緋色の研究』

もう一人の大御所。記念すべきホームズシリーズ第1作なのに読んだことがなかった。2003年の第71版だが、なぜか印字刷りである。

⑤バーニー・チョードゥリー 『沈黙の海へ還る』

ダイバーの作者によるダイビング小説。水中洞窟、沈没船、そして水深70メートルに沈む「謎のUボート」へ。タイトル買い。

⑥松本清張 『昭和史発掘1』

ノンフィクション作品。全5編収録されているが、「芥川龍之介の死」が読みたくて買った。続巻で三島由紀夫事件を扱ったものがあれば読みたい。

⑦京極夏彦 『姑獲烏の夏』

既刊のシリーズを読み終えた今、第1作を読み返したくなったんですよ。後に続くシリーズに比べれば、うぶめはまだ短かかったんだなー。

⑧森博嗣 『今夜はパラシュート博物館へ』

短編集。短編好きなので買ってみた。小説家の力量とは、起承転結のしっかりした面白い短編を書けるかどうかだと思う。(←えらそう)

⑨森博嗣 『すべてがFになる』

留学の友人が大好きだと言っていた作品。店頭で出会ってしまったからには買わねばなるまい。「Fる」=成績でFをつけられてクラスを落第するという留学生用語が頭をかすめる複雑なタイトル(笑)。

⑩小野不由美 『黒祠の島』

別の友人が大好きな作家による、「呪われた島」の「古い因習の村」もの。スティーブン・キングの短編「トウモロコシ畑の子供たち」に始まり、隔離された狂った世界に迷い込むという私の好きな舞台設定。


来週には梅雨明けかもしれないそうだ。雨読の日々もあともうちょっとか。



別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
夏の始まり/郡上踊り
2010-07-11 Sun 04:36
岐阜・郡上八幡市といえば、その熱気他に比類なく、“郡上のまちを出る時にゃ/雨も降らぬに袖しぼる”と謡われる郡上踊り。7月10日(土)は今年の踊り始めの日で、1泊2日(テント泊)で行ってきた。

P1310545.jpg
①川に寄り添って建つ家々。ジブリの美術スタッフに描いてほしい風景。

P1310554.jpg
②各軒先に下げられた踊りの提灯。揺れる短冊が涼しげ。

P1310563.jpg
③通りには特大の提灯。今年も来たか~~と見上げる。

P1310582.jpg
④お昼は河原でBBQ。この後、テンションが上がりすぎて倒れる。

P1310610.jpg
⑤夕方にはどうにか復活。銭湯で浴衣を着て町へ出る。(①の夜景)

P1310618.jpg
⑥祭りだ!屋台だ!風物詩ってやっぱり大切かも。

P1310624.jpg
⑦浴衣を着てこういう所を歩くと気分が違うの~。

P1310630.jpg
⑧来ました、踊り会場(旧市庁舎前)。巨大な輪の中に飛び込む。

P1310633.jpg
⑨生演奏、生歌声。「娘の~島田が~男の~へそに~」とか何とか。

P1310649.jpg
⑩11時に終了して帰途につく。静かな郡上の町。(③の夜景)

P1310664.jpg
⑪翌日、下呂に行く途中にある美山鍾乳洞へ。洞窟大っ好きです。

P1310702.jpg
⑫水の滴る地底から、雨が降る地上へ。地上は騒がしい。


まだ梅雨明け前だけどすでにめちゃくちゃ夏を味わえたし、郡上踊りに汗を流せたし、郡上で会いたかった人にも会えた。1日目にぶっ倒れたこと以外は最高でしたよ、ええ、もう(苦笑)。また是非行きたいです。



別窓 | 流れ行く日々 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。