なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
剽窃
2012-06-21 Thu 21:36
という言葉を知っていますか?
“ひょうせつと”読みます。

剽窃 [名詞](~する)
他人の作品や論文を盗んで、自分のものとして発表すること。
例文:他人の論文を―する


アメリカの大学で厳しく言われたplagiarismのことである。
向こうではこれを一回でもやったら退学処分だった。

その話をする時に「剽窃は絶対ダメで…」と説明するんだけど、
この単語をすぐ分かってくれる人にいまだ出会えてない。





スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ミスを悔やむ
2012-06-18 Mon 00:08
「なんであの時こうしなかったのか…?」と、繰り返し思い出してはそう悔やむことがある。先々週、とある手続きをするために、父の会社から届いた書類を中国にいる両親に転送したのだが、この時の私は何を思ったのか、単に海外定型の郵便料金が160円であることを調べて、80円切手を二枚貼って普通郵便で出してしまったのだ。再発行のきかない重要な書類だった上に、記入して送り返してもらって、それを30日以内に日本の役所へ提出しないといけないという期限もあった。あの時どうして900円払ってEMS(国際速達)で出さなかったのか?どっちにしようかと迷ったのではさえなく、なぜあの時それを考えもしなかったのか?投函した翌日から、その後悔に苛まれ続けた。6/4に投函した封書は、あれから丸二週間たったが向こうには到着してない。どこかで紛失してしまったのか?一体あとどれくらい待てばいいのか?このままでは手続きに間に合わなくなってしまう。投函する前の自分に戻ってやり直すことができたらどんなにいいだろう。そればかりを考える。





別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
篭城中
2012-06-17 Sun 03:44
先週の木曜日から喉が腫れ出し、咽頭扁桃炎にかかり、自宅謹慎を強いられている。熱も下がったし、水を飲むたびにナイフで切られるような(もちろん切られたことないですけど)扁桃腺の腫れも引いてきたが、抗生物質で抑えているだけなので、元々あった予定も新たなお誘いも断って、丸三日間も家に閉じこもっている。(原因のウイルスによっては飛沫感染の可能性もあるしね)

暇なので、掃除をしたり、たまった本を読んだり、ネットで動画を見たりしている。(なんだかこのまま仙人になれそうだ) そのうちの『鋼の錬金術師 劇場版第2弾~ミロスの聖なる星~』の感想でも。

2010年に完結したハガレンの人気はとどまる所を知らず、掲載誌の売れ切れによって最終回が重複掲載された事は有名だが、原作が完結した一年後にオリジナル・ストーリーの劇場版が公開されるほどだ。しかし、あくまでオリジナルなので、「俺たちは必ず○○を取り戻すんだ!」というエルリック兄弟の誓いに対して、「いや、もう取り戻したじゃん!」というツッコミをしてはいけない。(原作未読の方のために伏せます。ほぼムダかも…)

「ミロスの聖なる星」では、監督とキャラデザ・総作画監督がスタジオジブリに関わったスタッフということで、その背景やアクションの爽快さはまさにジブリ・クオリティと呼ぶべき素晴らしいアニメ映画となった。高い架橋の上を走る汽車での格闘シーンとか、ヨーロッパの下町のような街の描写とか、ワイヤーにつかまって空を飛ぶとか、人のよいおじいちゃんと健気な子供たちとか、床が抜けて大量に落ちていく兵隊たちとか…「あれ、なんか後ろにラピュタが見える」と思った人は絶対かなりいるはず。

しかし、そこへ重いテーマを込めるのがハガレン。主人公たちのいるアメストリスとその西の大国クレタに挟まれて滅ぼされたミロスの国、劣悪な環境の谷底で生きるミロスの民、ミロスの独立と国土を取り返すために戦う少女ジュリアは、賢者の石を使って問題を解決することに強硬に反対するエドに向かって「それはあなたたちの国が強いから!いつ殺されるのかと怯える必要なんかないから!」と叫ぶ。この民族解放の問題に答えが出されたわけじゃないけど、こうしたテーマを正面から取り上げるのがハガレンらしい。

このまま名探偵コナンのように毎年映画が公開されないものだろうか。





別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
文字遊び
2012-06-12 Tue 00:59
ネと申すで神と書いてみせる日本語にも最初びっくりしたけど、英語だってそういう文字遊びがある。ネットで出回っている(らしい)文章が以下。慣れれば簡単なので、読み方の解説はせずに訳だけ置いておく。


TH15 M3554G3 53RV35 TO PR0V3
H0W 0UR M1ND5 C4N D0 4M4Z1NG TH1NG5!
1MPR3551V3 TH1NG5!
1N TH3 B3G1NN1NG 1T WA5 H4RD BUT NOW,
ON TH15 LIN3 YOUR M1ND 1S R34D1NG 1T 4UT0M4T1C4LLY
W1TH OUT 3V3N TH1NK1NG 4B0UT 1T, B3 PROUD!
0NLY C34RT41N P30PL3 C4N R3AD TH15. R3 P05T 1F U C4N


「この文章で人間の能力のすごさがわかるよ。
本当に大したものなんだって!
最初は難しかったかもしれないけど、
ここらへんになるともうスラスラ読めるでしょう?
もはや頭で考えてさえいない、素晴らしい!
これは限られた人にしか読めない。転送してね」


なんとまあ、手の込んだチェーンメールだこと。笑





別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
マルセイユより
2012-06-11 Mon 01:15
ずっと使うのがもったいなくて置いていた、友人よりもらったフランス土産のせっけんを開封。

IMG_0911.jpg
“マルセイユ産せっけん

IMG_0912.jpg
“バラの香り”


素晴らしいキーワードである。まず、現在のフランス国歌はフランス革命時に歌われた「La Marseillaise(=マルセイユ義勇軍の歌)」だ。そして、フランス革命&バラと言ったらやっぱり『ベルサイユのばら』。 「おお、果敢にして偉大なるフランス人民よ!自由、平等、友愛……この崇高なる理想の、永遠に人類のかたき礎たらんことを…。フランス…万歳……!!」 というオスカルの終幕の名台詞を、この大阪市内のマンションの風呂場で言わずにはいられないのである。





別窓 | 会社に行くと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
プルージック
2012-06-08 Fri 00:15
Prusik_with_Aluminum_Snap2.jpg


これは、プルージック・コードと呼ばれるザイルの結び方である。緩めると(図では横方向の)メインザイル上をスライドさせることができ、急に体重がかかるなど負荷をかけるときつく締まることから、セルフビレイ(他人に安全用ロープを持ってもらわない方法)に使うことができる。車のシーベルトの動きを想像してもらえれば分かりやすい。作り方は簡単で、携帯にキーホルダーをつける時の輪を通すやり方を二回繰り返すだけだ。オーストラリアの登山家カール・プルージックが考案したことからこの名が付いた。

普段はゆるく、自在に動き、ここぞという時にぐっと締まって、しっかりと身体を支える。物事に対しては、概してそうあるべきなのだ。





別窓 | 自分って実は | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
未婚率の謎
2012-06-06 Wed 00:10
「内閣府が5日に発表した『子ども・子育て白書』によると、日本人の2010年時の平均初婚年齢は男性が30.5歳、女性が28.8歳だった。また、50歳までに一度も結婚をしたことがない“生涯未婚率”は男性が20.14%、女性が10.61%に上昇し、過去最高となった。 30年前(1980年)の平均初婚年齢は男性27.8歳、女性25.2歳なので、男性2.7歳、女性3.6歳の上昇が見られる。生涯未婚率も30年前は男性2.60%、女性は4.45%で、男性は約8倍、女性は約2倍となっている。」


この中で不思議に思ったこと。

>生涯未婚率は男性が20.14%、女性が10.61%

日本は一夫一妻制の国で、男女の人口比率は基本的につりあっているのに、どうして生涯未婚率が2倍も違うのでしょう。男性の方が女性よりも2倍ほど“繰り返し結婚する人とまったく結婚しない人の二極化”が進んでいる?つまり、生涯未婚率の男女差の約1割が「女性は初婚だけど男性は再婚」というグループを指していて、単純化すると、男性〔一度だけ結婚する7割、複数回結婚する1割、結婚しない2割〕、女性〔一度だけ結婚する8割、複数回結婚する1割、結婚しない1割〕という理解?もちろん、男女双方とも初婚ではない場合もあるので、どちらにも含まれる場合の延べ数の問題もあるし…。ああ、数学の「A ∩ B」の世界に入りそう。





別窓 | 考えてみると | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
電気工事人
2012-06-03 Sun 22:11
大阪へ来て会社の山岳部に顔を出すようになってから、初めてクライミングという分野に触れたが、腰のハーネスに金具類やザイル類をたくさん括りつけた装備姿を見るたびに、「電柱に登ってる電気工事の人みたいだなぁ」と思ってしまう。

IMG_9661.jpg
ビレイという安全用ロープ確保中の電気工事人(違)の先輩。

IMG_9672.jpg
ほら、こうやって岩に登る姿はまさに電柱に登る職人さんのよう。

IMG_0845.jpg
自分の装備姿。初心者で使える道具が少ないため、しまりがない。


早く自分もかっこいい職人姿になりたいものです。





別窓 | 会社に行くと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。