なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
遠くからの小包
2007-01-30 Tue 16:09
私のバイト先には学部全体の郵便物が来るので、それを各部屋に届けるのが日課だ。

研究室に行く化学薬品は「空輸禁止」「危険度2」などのシールがベタベタ貼ってある。授業を持つ教授たちに行く教科書のサンプルはやたらと重い。他のストックルームに行く大きな箱には実験器具が詰まっていて、今みたいな学期の始めにたくさん届く。

時折そんな箱たちに混じって、学部のオフィスに行く速達のような書類がある。今まではそんなに気にしていなかったが、ある日それが大学院の応募書類だと気付いた。UNRのChemistry Departmentを目指して、アジアやアフリカなどあちこちから長い旅路を経て書類は届いたのだ。

今日もそんな書類の包みが一つあって、送り主の欄を見ると「Beijing Univ.」とあった。(中国では)天下の北京大学だ。大学の住所が私のおばあちゃん家と同じ「北京市海淀区」なので、その字を見たら懐かしくなって目が潤んでしまった。

自分も卒業後の進路を決めないといけなくなって、そのうち大学院の申請書類に精一杯の願いを込めて送り出す日が来るかもしれない。そう思うと手にした申請書類の包みが他人事ではなくなり、オフィスまで大事にそれを届けようと思うのだった。

スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<自分の声 | 紅炉一点雪 | 永久運動装置>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。