なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
さらば学校の図書館よ
2008-01-30 Wed 16:17
昼にうどんを作って食べていた時、汁がぴっと視界に飛んで、あーあー眼鏡に付いちゃったよと思いながら拭こうとして手を伸ばしたら指がすかっと宙をかすり、そこで初めてさっき湯気で曇るから眼鏡を外していたことを思い出して、なんだかおかしかった。四六時中眼鏡をかけている慣れの悲しさである。

アメリカでの銀行口座はもう閉じてしまったから、家賃のデポジット(一時預かり金;家を出る時に特に問題がなければ返ってくる)は現金がいいとあらかじめ大家さんに言ったのに、今日家を見に来た彼は「そんなに現金がないから、チェックやマネーオーダーでもいいか?日本にはウェルズファーゴはないのか?」と、とんちんかんな事を聞いてきて、そんなんがあったら苦労せんわ!と思った。果たしてちゃんとデポジットを受け取れるのだろうか…。

家の掃除と整理とごみ捨てがようやく一段落して、自分の荷造りに取り掛かる。大きいスーツケースと小さいスーツケースが一個ずつあるのだが、大きい方はまだ場所はあるのに23Kgの重量制限を越えそうになるし、小さい方は重量の心配は大丈夫だがもう場所がない。その結果、さらに選んで物を捨てないといけないわけだが、これを捨てるのにあれは持って帰るのか?とか、でももうあれは詰めちゃったから出したくないとか、考え出すときりがない。

シェイクスピアのリア王は、裸で嵐の中に立ち、「どんなに貧しい乞食でさえも、ポケットの中には何かしら余分な持ち物を持っているのに!」と叫んだ。そんなことを言ったら、私のスーツケースの中身など余分なものしかないが、それでも悩んでしまうのだ。

スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<再び成田へ | 紅炉一点雪 | 電池2本ください>>
コメント
★ 待っているよ
「さらば学校の図書館よ」のテーマだったのに、図書館のこと一つも書いてないよ。
ままもリノ滞在中で我が家の書斎みたいようによくこの図書館を利用したので、懐かしい気持ち一杯。
送金も届いてある。迎えに行くから、最後まで頑張ってね。
2008-01-31 Thu 10:23 URL | mama #-[ 内容変更]
mamaへ
この記事自体を学校の図書館のパソコンで書いたんだよ。もう来なくなるなと思って。
大学は、皆がそこで数年間を過ごし、そこからまたどこかへ行く場所なんだね。また戻ってくる事があるのかどうか、わからないけれど…。

2008-02-01 Fri 22:24 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。