なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
TOEICですって
2008-02-03 Sun 04:28
私が4月から入ろうとしている会社では、研修の一環で全員TOEICを受験しなければいけないらしい。それを聞いて「げっ!」と思った私。

なぜならば、アメリカに行ってから伸ばした英語の能力とは、もっぱら「いかに省略して早く通じるか」という事に重点を置いた口語であり、「いかに文法的に正しいか」という事はむしろおざなりにされていた。理系であまりペーパーを書かなかった+文法的な細かい事を気にするのが面倒な性質だったのもあって、今さら教科書の文法のテストを受けさせられるのは寝耳に水である。リスニングはまだいいが、グラマーは…うん…どうしようね。

何よりも恐ろしいのは、「あれ、○○さんってアメリカの大学を卒業したって聞いたけど…(以下心の声:それでこの点数なんだ…ふーん。)」と周りから冷たい目で見られたらどうしよう、という事だったり。勉強、しなきゃなあ。

スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<あいさつ魔人 | 紅炉一点雪 | 再び成田へ>>
コメント
★ アメリカ人も同じこと言っていた
帰国後も元気そうで何よりです。
数年前に姉のアメリカ人の旦那にTOEICの問題集をやらせてみました。
リスニングは鼻歌を歌い、中学生でもできるかなといっていたが、リーディングになったら、こんなの知るかと投げ出してしまった。文章問題は簡単だといっていたが。。。。

本人曰く、
こんな重箱の隅をつつくような文法を知って、どんな意味があるんだ、大事なのは相手にわかってもらうことだ、と。
その後、なだめてテストを続けてもらったが、文法関連は半分もできていなかった。生粋のアメリカ人なのに。

ゆにんの言い分はよくわかるし、私も同感なのだが、企業はそうとってはくれない。
せめて、文法以外はほぼ完璧にすれば、同僚には理解はしてもらえるかも。
私的には全体的にまんべんなく問題があるので、それ以前の話....
2008-02-10 Sun 01:18 URL | Yama #-[ 内容変更]
Yamaさんへ
お久し振りです!
また色々とお世話になります。

アメリカ人の方でもやっぱりそうなんですか。彼の言い分には大賛成ですね。言葉はコミュニケーションの道具なんです!道具はたとえ見栄えが悪くても使える事が、言葉はたとえ不完全でも意味が通じる事が大切なんです!TOEICの点数がどうであろうと、実際のアメリカでの生活能力だったら「見てろよ~」って感じですよ。

とはいえ、TOEIC試験などにおいての英語はきっともはや古代中国の科挙における四書五経みたいなもので、内容を解する(実際に使える)事よりもいかにそれを覚えているかの勝負になっているから、そのルールに合わせて競うしかありませんね。とりあえずは文句を言わずに勉強する事にします…。

2008-02-11 Mon 01:58 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。