なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ブックオフは昭和の薫り
2008-03-11 Tue 07:49
読みました、「ブックオフの真実」。若干期待とは違って、なんだか社長の「オレのアイデアでこんなに商売が成功してるんだぜ、オレは普通の人とは違うぜ、オレはすごいんだぜ」という部分の大きい本ではあったけれど、それでも色々と面白かった。

もしや一理あるのかなと思ったのは、「新刊本が売れないのや出版社が苦しいのはブックオフのせいか?」という問いに対して、社長が「今の出版不況は再販制度に頼る出版界と書店自らのせいである」と答えたところだ。再販制度とは出版社が決めた値段で書店はそのまま本を売り、売れ残った本は返品できる制度のことで、これがあるから書店は客のニーズを研究して自分で値段をつける競争力を持てない、そしてそれが小売業としての書店をダメにしているというのだ。「新刊書店あってのブックオフなので、新刊書店には大いに頑張ってもらいたい」とのこと。

話は少しずれるが、ボストンのキャリアフォーラムでとある会社の面接を受けた時、私が志望職種に「海外営業」と書いたのを見て海外営業のベテランがその経験を話してくれることになった。しかし当のそのおじさんはムンっとふんぞり返って腕を組み、「海外営業はなぁ、飲んで飲んでつぶれるまで飲んで、それから友情を築く男の世界だっ!」と言い放った。私の方はぽかーんである。そういうアツい世界はきらいじゃないが、「男の世界だ」と言い切られてしまってはどうしようもない。まるで「巨人の星」の“思い~込んだら~試練の道を~ゆくが~男のど根性ぉ~”がバックに流れんばかりであった。

そして、ブックオフの社長もそういう昭和の薫りを持った人だった。
「いいアイデアは酒を飲んでいる時に出る。会議で出た試しがない。」「会社に入ると決まる前から、皆ですき焼きを食って朝まで飲んで語る。これを毎年欠かさずにやる。」「新しい店を開く時は前夜に決起集会をやる。最後は皆で熱い涙を流して、坂本さん(社長)と店長のために頑張ろうとなる。それがブックオフの原動力となる。」「算数もできる、英語もできる、あれもこれもできると斜に構えた秀才はいらない。バカなやつがいい。」
ブックオフはそんな会社なんだそうです。すごいなー。

スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<坂道発進 | 紅炉一点雪 | 「ブックオフの真実」>>
コメント
すごいね。ww
ユニークな経営方法だね。
2008-03-12 Wed 04:59 URL | mami #-[ 内容変更]
mamiへ
ユニークっていうかなんていうか…(苦笑)。ちょっと皮肉も込めて「すごいなー」と言ってみたけど。

社員になるのはバカなやつがいいっていうのは、要は自分がやりたいようにやれるからなんじゃないかとか思っちゃうよ。「頭がいいのはトップのオレだけでいいんだ。あとは全部バカな方がいいんだ」みたいな。まぁ、本を読んでいて面白い人だなとは思ったけどね。

2008-03-13 Thu 01:09 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
前回の記事の続きだけど、私もアダルト系のコメントが多くて困るよ。公式に更新される前に私がもみ消してるけどね笑 
ブックオフの社長ってそんな人だったんだね。良いのか悪いのかっていうのはちょっと判断できないけど、やっぱりブックオフの便利さには頼ってしまうよね~。ブックオフみたいなビジネスがあるから、家に眠ってる本たちを捨てずにまた誰かの手に渡るまでブックオフが面倒みてくれるわけだしさ。それはいわゆる、眠っていた知識や情報の塊が捨てられずにまた誰か新しい人のもとに届くってことだからさ。

でも一方でいろいろな企業の社長には就職活動を通してがっくりさせられたこともあったな~。ガツガツビジネスやっているのはわかるんだけど、やっぱり「社長」と呼ばれてる人の人柄は大切だと思うしさ。「ブックオフの真実」というより、「ブックオフ社長の自伝」になってないかい?というかんじだよ苦笑


2008-03-13 Thu 22:45 URL | chiaki #-[ 内容変更]
chiakiへ
ほんと、自伝ってちゃんと書いてくれよって思った。社長の生い立ちとかブックオフの前にやってた商売とかについてが半分を占めてたよ。この人はニワトリのエサを作ったり、洗車機とオーディオ店を経営したり、中古ピアノを売ったり、イトーヨーカ堂の出店を手伝ったりしていたらしい。

まぁ“社長”っていっても色んな人がいるんだろうけど、君が言うように、人の上に立つ人なんだから人格者じゃなきゃいけないだろうという期待はあるよね。実際トップに立つ人間が決して徳のある人格者ばかりじゃないっていうのは歴史が証明しているのだけれど。

ブックオフの社長さんのような昭和のスポ根精神の塊みたいな人のもとで働きたいかと言われると、私は微妙だな。それこそ「巨人の星」の父親みたいにただ頑固で清貧っていうんならともかく、社長さんの場合は精神論を掲げるわりに商売で大儲けするほど頭脳があって狡猾なわけで、個人的にはあまりリーダーに戴きたいタイプじゃないわ。

まぁ社長がどんな人であれ、私もブックオフは便利なので使うだろうな。

2008-03-14 Fri 00:04 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。