なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
「女性は機械」発言
2007-02-07 Wed 07:28
あるコラムを読んでいて、そこに「女性を機械だと呼ぶなんて信じられない」という文があったので、こりゃきっとまた誰かが何か言ったなと思って検索してみたら、どんぴしゃりだった。

以下、新聞の抜粋。

「女性は子ども産む機械」柳沢厚労相、少子化巡り発言
2007年01月28日00時33分

 柳沢厚生労働相が27日、松江市で開かれた自民県議の後援会の集会で、女性を子どもを産む機械や装置に例えた発言をしていたことが分かった。
 集会に出席した複数の関係者によると、柳沢厚労相は年金や福祉、医療の展望について約30分間講演。その中で少子化問題についてふれた際、「機械と言って申し訳ないけど」「機械と言ってごめんなさいね」などの言葉を入れながら、「なかなか女性は一生の間にたくさん子どもを生んでくれない。15~50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」などと述べた。
 会場では発言について異論はなく、主催者からの訂正などもなかった。



なんで日本の政治家ってこうなんだろうなぁってつくづく思う。政治家の失言はなくなる事がなく、常に話題に事欠かない。今度の発言はAP通信などが世界に打電したそうだ。

それにしても今回のはひどい。子供を生む生まないのは個人の自由だし、出生率が下がっているのは女性にとって子供を生みにくい、育てにくい社会環境だからだとは思わないのだろうか。高い医療費、養育費、仕事との兼ね合いの難しさ、産休の取りにくさ、産婦人科医の慢性不足、周りのサポートの少なさ。私が体験したわけじゃないけれど、それらの問題があるのは薄々感じる。

よりによって少子化問題を担当する人が、その一因である社会環境を改善しようとも考えずに、「(私は何もできないから、)あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と言い放つとはどういう神経をしているのだろう。厚生労働相としてするべきことは、「いいから頑張れ」と言うことじゃなくて、頑張らなくてもすむ社会にすることじゃないのか。

ほんっと、こういう政治家を養うのは税金の無駄使いだと思う。


スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:14 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<主役になりますか | 紅炉一点雪 | 王子サマ考>>
コメント
★ それがそれが
この大臣、今度は
子ども2人以上を持ちたいという「健全な希望」発言で
またもや国会をにぎわせております。

ところがどっこい、首相が擁護してるんだから
周りはあきれてモノも言えない。困ったものです。
2007-02-07 Wed 22:01 URL | nagi #C0I4A.uM[ 内容変更]
このネタは少々古かったね(笑)。
こっちにいるとあまりリアルタイムでニュースを見ないもんで。

私なんかは(まぁ政策という特殊な事情であれ)一人っ子だから、大臣の発言にはかなり嫌悪感を持ったよ。はあ、すいませんねえって感じ。

とりあえず、出生率を上げたいんならちゃんと政務の仕事をしろと言いたい。
いっぺん女になってみればいいんだ、まったく。

2007-02-08 Thu 05:21 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
new development
>また、質問に立った小宮山洋子氏(民主)が「少子化への取り組みが十分でない」と追及したのに厚労相が「委員のような開明化された女性議員には不満もあると思う」と答弁し、小宮山氏が「カイメイカとはどういう字を書くのか。文明開化していない(女性もいる)ということか。適切でない言葉遣いが多い」と反発する場面もあった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070208-00000000-maip-pol

I think that minister is truely nuts. How come he could say this? Today's social support is not enough at all to encourage women to bring up children and that is the case for EVERY woman in Japan. He's gotta be the last person to be the minister. His remark one after another reveals what he 'really' think in his mind....
2007-02-09 Fri 15:24 URL | tsuyoshi #-[ 内容変更]
I do agree with you.
「思っていない事を言ってしまったよ、こりゃ失敬」なんてことは基本的にはないわけで、単に「おっと、つい本心をふさわしくない場所と立場で言ってしまったよ、こりゃ失敬」ということでしょう。
柳沢の本心がどうであれ、立場と物言いに頭が回らなかった時点で大臣失格。
それとも、あの世代はたぶん男尊女卑の考え方を標準として生きて来た人間だから、むしろ理解を示してやるべきなのだろうか?
政治家は口が武器なのに、情けない人だ。


2007-02-10 Sat 19:04 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
★ 危機感のなさ
どれほどこのような失言をして政界(もしくは産業界)を去っていった人がいたことか。
着任早々少しはものを考えて言ってほしいものです。同じ男としても悲しい。

ゆにんが子育ての環境の問題だと言っているが、若い女性がそのように感じていること自体が既に大問題だと思う。
 子育てに夢・喜びをもってもらうようにするのが大臣の役割(誰も細かい仕事には期待していないのだから)なのに、それをぶちこわす方をしてしまっては、お役ご免もいたしかたないね。
2007-02-10 Sat 23:39 URL | Yama #-[ 内容変更]
Yamaさんへ

お久し振りです!
夏には日本に帰るので、またバドミントンに混ぜてくださいね。

子供を産むことは女性にとっていつでも人生の一大事ですが、昔のように沢山の家族親戚が周りにいた時代とは違うのだから、そういうサポートが減った分、行政がサポートを打ち出さなくてはならない。
昔の大家族に暮らす事とは、煩わしいしきたりも多かったと同時に、当たり前の助け合いがあったんだろうなと思います。
そういう変化は男の人には見えにくいのかも知れないけれど、女性には無意識に肌で感じるものです。

次の大臣にはそういう所まで想像できる人になってほしいですね。


2007-02-13 Tue 03:31 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
★ いつでもOK
バドミントンはいつでも大歓迎です。帰国時ご連絡を。
mamaさんも今週から参加してます。

確かに、私の親世代からは煩わしいことをいろいろ聞かされるけど、今のような恐ろしい出来事(子供への虐待、親への介護虐待等)はあまり無かったと記憶してる。それだけみんなが助け合い、お互いを見守りながら成長してきたのだなとつくづく感じた、ゆにんからのコメントでした。
2007-02-13 Tue 08:49 URL | Yama #-[ 内容変更]
★ 久しぶりのバド
昨日、久しぶりにバドしにいった。三連休の最後の夜で、7人も参加に来て、楽しかったよ。倉島君は6月にはまた合宿やるから、帰ってきてとママを誘った。ニンニンの帰国も6月だね、間に合うかもよ。風邪はどう?完全に直った?
2007-02-13 Tue 13:13 URL | mama #-[ 内容変更]
★ いまさらですが
大臣の発言は、子どもを生んだ経験の有無を問わず、
また妻を持つ夫に対しても侮辱的な発言だと思いますよ。うちの奥さんは機械じゃねえよって。
話は変わりますが、ひさびさに小田急線乗りましたよ。
快速?みたいなものができていてびっくり。
「準急」という響きがちょっとだけ急いでるっぽくて好きだったなあ。ほかの私鉄にもあるのだろうか?
2007-02-13 Tue 14:03 URL | 奇者 #H3jZx88w[ 内容変更]
Yamaさんへ
その時はまた宜しくお願いしますね。
その時代の中にいる時はきっと不満な点しか見えないのだと思います。今になって「そういえば昔はこうじゃなかった」と言えるのは、今と比較しているからなんですよね。だから、私たちには今の時代が閉塞的で絶望的に思えるでしょうけれど、半世紀後には「当時は気付かなかったけれど、こんな良い点もあったな」と思えるかも知れません。
とにかく、せっかく気付いた昔の良い点をこれからの改善点にしていかなくてはならないですね。

2007-02-14 Wed 16:17 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
Mamaへ
風邪はもう治った。ありがとう。
六月の合宿に行きたい!
間に合うように帰るから、日程がわかったら教えてね。
民宿でおいしい日本料理が食べたいな(笑)。

今学期、趣味で乗馬のクラスを取っているんだけど、普段運動していないとすぐに足が疲れてコントロールが難しくなる。技術も体力も足りないなと思ったよ。
たまにバドミントンに行くとすごい筋肉痛になる。そしてたまにしか行かないから、技術が上達しない…。

2007-02-14 Wed 16:22 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
奇者さんへ
ブログを拝見していますが、奇者さんのにゃんたんへの愛情と可愛らしさがたまらないです。家庭を持つというのがどういう事なのか、とても勉強になります。ちゃんとした家庭を持っている人で、大臣の発言に怒らない人はいないでしょうね。

小田急線なんて元から本数が多いのに、また種類が増えたんですか。
準急は京王線にもありますよ。私は早いんだか遅いんだかわからない微妙な語感だなって思ってましたけど(笑)。実際はけっこう早いんですけどね。

この前、アメリカに暮らして何十年という中国人のおじいちゃんと話をしたんですが、その人が「ジャーナリストになる人間は皆どこかで烈士になりたいと思っているんだ」と言っていました。烈士という言葉が昔の中国の革命戦争を連想させて面白かったんですが、従軍記者や映画などで国家的陰謀を暴かんとする記者の姿などを見ていると実際そうかもしれないと思いました。奇者さんはいつか烈士になりたいと思いますか?

2007-02-14 Wed 16:31 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
★ 烈士願望は
ありませんよ。目立つとか。
いや、正しくは「あった」かな?
僕は言葉遊びが好きなので、塀際の魔術師とか
○○打線とか、自分の文章がきっかけで
ニックネームが生まれたりしたら楽しいなとは
思っています。
スクープとるのなんて、おとなしい取材じゃ無理。
そのせめぎ合いに醍醐味を感じるんでしょうが
自分には幸か不幸か向いていない部分です。

でも、純真無垢なジャーナリストのほうが
怪しい気もしますよねえ。
ちなみに自分でジャーナリストと名乗るのは
現状では無理。アンケートの職業欄には
迷わず「会社員」。烈士より劣士ですわ…。
2007-02-14 Wed 22:05 URL | 奇者 #H3jZx88w[ 内容変更]
奇者さんへ
私もあなたが烈士になりたそうな人には見えませんでした。
「烈士より劣士」なんてあたりにも言葉遊び好きが出ていますね。
そんなに卑下しないでください。
韓国の非武装地帯でカメラを構える奇者さんは格好良かったですよ。

「半落ち」に登場する新聞記者も、抜け駆けしてスクープをつかんだ次の日には締め出されて特オチして軽蔑の目で見られる…という過酷極まりない記者生活をしていて、こんなのだったら自分には無理だと思いました。きっとそんな事をしている人もできる人もごく少数なのだと思いますが。

別に烈士にならなくたって、職業と社会に対する倫理観と正義感はどの人も心のどこかで持っていて、そしてそれは決して特別な事じゃないのでしょうね。

2007-02-15 Thu 07:51 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。