なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ヒース・レジャーの死
2008-05-04 Sun 05:54
今年の1月22日に、俳優のヒース・レジャーが死んだ。28歳の若さだった。マンハッタンの自宅アパートで、彼が呼んだマッサージ師とハウスキーパーがベッドの上で死んでいる彼と薬の錠剤を見つけた。自殺ではなく、ずっと続いていた不眠症と精神不安定から処方された何種類かの薬をあわせ飲んだことによる急性薬物中毒の事故死だという。

私が始めてヒース・レジャーの名を覚えたのは、高校の友人の家で一緒に観た「ROCK YOU!」という映画だった。中世の騎士による馬上槍試合の映画なのに、画面の中では試合の観客たちがクイーンの「WE WILL ROCK YOU」を足を踏み鳴らしながら合唱していた。ちょっとかっこいい、真面目な役者さんだなと思った。それから数年後、アメリカで「ブロークバック・マウンテン」を観た。無口であまり感情を見せないカウボーイのイニスを演じた彼は、その役でアカデミー主演男優賞にノミネートされた。言葉には出さないのに、一つ一つの動作から痛いほど感情が伝わるような演技だった。ヒース・レジャーという真剣な役者をますます好きになった。

20代で夭折する才能ある俳優たち。ジェームズ・ディーンが交通事故で死んだ時、私はまだ生まれていなかった。リバー・フェニックスが麻薬のオーバードーズで死んだ時、私はまだ泣くほど大人じゃなかった。ヒース・レジャーが死んだ今、私はじわりと涙が出た。

映画は絵画や音楽と違って、本人の生きている時の姿がそのまま作品の中に封じ込められて世に残される。スクリーンの中では彼らがいつまでも同じように笑っている。それがまた切ない。

スポンサーサイト
別窓 | 趣味に走るが | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<かず先生再び | 紅炉一点雪 | 漫画家への道>>
コメント
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-05-04 Sun 23:16 | #[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。