なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
逃げたいけど
2008-06-30 Mon 08:37
政治の話は正直に言って読むのも書くのもつらい。人々は互いに不信を募らせ、憎しみ合い、マスコミが意図的にそれを扇動して拡大させる。(マスコミはそれをメシのタネにしなければならないからだ。)一人の声はテレビ・新聞・インターネットで増幅された百万の声にかき消されて届かず、エスカレートする憎悪の応酬はとどまる所を知らない。

そんなものに向き合わなければいけない、それを見続けなければいけないのは苦痛で、涙が出そうになる。それでも、そこから目を背ける事はできない。知る事をやめてはいけない、考える事をやめてはいけないと踏み止まる。というか、苦しいのになぜか目を離す事ができない。わざと知らないようにして生きていく事もできるだろうに。

生まれた国、育った国、行ったことのある国、行ったことのない国。どこが味方だ、どこが敵だという以上の事を考えられるようになりたい。人にはそれぞれ誇りがある。誇りは人の心を支えてくれるものだ。しかし、他人の誇りを傷付けることでしか持てないような薄っぺらな誇りなら早く捨ててしまった方がいい。本物にはそんな事は必要ないはずだ。

今まで出会った人々、まだ出会わない人々、共感する人々、理解できない人々。他者に対する無知と無理解、それによる不信と疑念が人と人の間には常に存在している。集団対集団ではそれが一挙に膨れ上がる。「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない。」半世紀以上も前からユネスコ憲章はそう宣言しているが、事態は何も変わっていない。

何一つ答えに辿り着けぬまま、明日も会社なので寝なければならない…。


スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<消えゆくMT車 | 紅炉一点雪 | 車は必要か>>
コメント
★ 日本留学生のBLOG
政治的な話に興味あるなら、ここで北京大学国際関係専門の日本留学生のblogを紹介したいわ。
http://blog.ifeng.com/article/1542224.html
2008-07-01 Tue 13:57 URL | mama #-[ 内容変更]
mamaへ
わかった。ありがとう。
政治というより、国とか民族とかについて考えてしまう。
たぶん自分がこだわっているせいだと思うけど。

2008-07-01 Tue 21:55 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。