なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
有毒なリサイクル
2008-09-30 Tue 09:13
クローズアップ現代でやっていた、途上国での”都市鉱山”のリサイクルの実態。都市鉱山とは、捨てられた電化製品の基盤などから金・銀・銅・インジウムなどの貴金属が山ほど取れるというもので、パソコン3000台分の基盤や配線から集められた金の塊(なんと6.3Kg)が番組に登場していた。金属高騰の今、それらは宝の山となっている。

しかし、それが整備された施設でリサイクルされるならともかく、東南アジアでは個人でリサイクルされていて、家の横のプレハブ小屋でマスクも手袋もしないで、普段使うようなバケツやたらいに溶液を入れてやっている。まずは基盤をシアン化合物の溶液(要するに青酸カリ)に入れて洗浄し、それから高濃度の硝酸につけて金を浮かせるのだが、たらいからは黒い色の煙が立ち上り、この煙には高濃度の窒素化合物が含まれるので呼吸器系に大きな被害を及ぼすという。

青酸カリと言ったら、少しの量ですぐに死ぬミステリー作品の常連の劇薬だし、硝酸だってアメリカでの化学学部のバイト時代に、25%ぐらいの低濃度のものでさえ飛び散ったしずくが私のジーンズを焼いたのだ。しかも使い終わった廃液はそのまま地面に捨てられて、それが共同生活の池に流れ込み、毒の大地と化している。

リサイクルやエコといった何だか聞こえのよい言葉の裏に、あるいはそれを実践する過程に、そんな現状があるなんて誰が想像できるだろうか。

スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<人の顔認識能力 | 紅炉一点雪 | 人間の偽善>>
コメント
都市鉱山のリサイクルの現状・・・知らなかったです;;

エコといえばパーム油はパームの木から取れるので植物性洗剤として
環境にやさしいとの謳い文句で売られてますが実際は大量にパームの木を発展途上国のプランテーションなどで伐採しているので環境にやさしいとは言いがたいですよね。

でも宣伝の力で市場は踊らされてるなーと思います。私もその一人…
いろ②知らないことが多いのでまずは知ることからエコをはじめたいと思います。
2008-10-01 Wed 15:19 URL | kyokocat #-[ 内容変更]
kyokocatさんへ

そのパーム油の話、新入社員論文(日本語4000字)で書いたわ~。「発展途上国の経済的発展及びそれに伴う倫理と環境問題」みたいなやつ。

先進国が途上国の主な輸出品である原材料を安く買い叩き、それで造った製品を高く売りつけて途上国の負債をひらすら増加させているが、先進国の利益=途上国の負債なのだから、そう遠くない未来に途上国の財政が破綻したら同時に先進国の利益も消えて、結局は共倒れになる。海外で低賃金と環境汚染の撒き散らしによって安く作られた製品で利益を得るというのは現代における経済的な植民地による搾取であり、安い労働力を求めて中国から東南アジア、それからアフリカ諸国と、資本主義原理で動く企業は貪欲にその手を伸ばすが、その構図は決して永遠に続くものではない。などなど。

メディアもウソを言っているわけではなくて、単に一面しか伝えていない場合が多いんだよね。それが意図的であるにしろ、そうじゃないにしろ。一面的な真実は、結局受け取り手の判断を誤らせるものだから、ウソに限りなく近いものになる。

あー、やっぱり数字ばっかりの表を見ながらエクセルに向かって資料を作ったりしてるよりも、こういう事を考える方が楽しいなあ。しかし人は働かねばならぬのです…。



2008-10-02 Thu 01:12 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
★ 電化製品の基板と言えば・・・
なんだか懐かしい単語だ・・・。

某会社は基板加工をやってるわけで、
どこに金が使われ、どこに銅が使われているか一目瞭然で、その取り扱い及び廃棄については疑問を持っている。
自分個人のデスク周りだけでも、かなりのレアメタルの山だったろう。

ISO14000取得する事を意気込んでいるが、今も取得ならず。根本的な所、古典的な方法から逃れられないのだろう。

基板加工は人が扱いやすい大きさの基板1枚対し、面付け加工と言って、その大きさに入る最大面付け数をレイアウトし、一気に加工して、最後に単体(1面)に切り離す。

単体に切り離される前に、何面か不良が発見されたとしても、不良も良品と同じ加工が施され、不良の割合が規定を超えた時点で良品がある基板だとしても廃棄される。よってこの場合、2つの無駄が生じる。

また、最大面付け数をレイアウトしても、端材が破棄されているのが現状で、その端材にも金・銅は含まれている。
企業側は、それを見通して歩留まり数分の加工も依頼してくる。確かにスムーズな手法だと感心する。

当然、その基板や端材は宝の山である。
しかし、それらからレアメタルと呼ばれる物達をこの規制の厳しい国で精製するには知識だけでは乗り越えられない問題が山積みだ。溶液入手、管理、取り扱いの資格やら、他企業にしられたくない基板デザインをどうやって手に入れるか、そこからでる汚物の処理、工場の建設、資金や将来の見通し。
これで、純利が出るならば大手企業はこぞって進出してくるだろう。


そもそもエコやリサイクルを推し進めているように思えるが、イマイチ信憑性に欠ける出来事はたくさんある。

夏場はエアコン温度を上げましょう→エアコン冷えで膝掛けを必要とするオフィスならば結構。汗だくで団扇を扇ぎダラダラ仕事するならば、エアコン温度を上げる意味がない。仕事の効率が悪くなるし、意欲も低下する

クールビスでノーネクタイ→それなりに清潔であれば良いが、しわの付いたシャツ、よれよれのポロシャツ。老醜を振り乱しだらしないだけである。

エコ・リサイクルの経費→広告、旗やPRの費用でお役所にソーラー発電でも付ければ十分宣伝になる。


東南アジアでは家族を養う為に、ゴミの山で空き缶を探し回っている少女のVを観た。日本では常識のない輩がそこらじゅうに空き缶や食べかすを放置する。

エコ・リサイクルと共に人間としてのモラルを問いたい。


なんだか、ちょっと難しい事になってしまったよ~。

まあ、自分で出来る事。
電気代節約。コンセントは入れっぱにしない。
いらない物はオークションがリサイクルショップ。
ゴミの分別。
そんなとこっしょ。
2008-10-03 Fri 02:39 URL | tamaki #-[ 内容変更]
tamakiさんへ

基本的に、一度上がってしまった生活レベルを落とすことは出来ないし、同じレベルでは満足しないのが人間です。今の社会は既に、(人々の生計のための労働によって)技術が進歩し続け、(企業が他との競争に勝つための努力によって)生活が変わり続けることによって回っているので、何も変わらなくても数百年が過ぎていった中世時代にはもう戻れません。そういう意味ではまさに加速し続ける世界なわけですが、「加速度的な増加」というものにはいつか必ず終わりが来ると思います。数学の世界ではこの曲線の数式は「無限大」というごまかしの定義にたどり着きますが、実際の物理的な世界は有限です。数学で言う無限大が、現実世界ではゼロになるのか(=スタート地点に戻る)、それとも無になるのか(=何もかもが消し飛ぶ)はわかりませんが、技術の加速度的進歩が破滅あるいは原始のビッグバンへの助走にも思えます。しかし、そうなるべく運命付けられているのなら、それはそれで仕方ないとも思います。結局、個人に出来ることは今を楽しむことだけです。世界とは、自分という存在が生まれた時にわっとすべてが立ち現れて、自分という存在が消える時にまたわっとすべてが同時に消える、いわば自分という主観のためにのみ存在するものですから。(これは「人間はセンサーの束である」という倫理の授業で習った考え方に触発されたのですが、「自分が世界の中に在るのではなく、世界が自分の感知によってのみ存在する」と考えると面白いと思いませんか。)

2008-10-03 Fri 13:33 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。