なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
サーベルタイガー
2009-06-19 Fri 22:02
サーベルタイガーって本当にいたんだ!
という、Biology Majorにあるまじき驚きを覚えたので書こう。

私がサーベルタイガーというものを知ったのは、「なにしろこれから戦争ですので」という台詞で有名な『皇国の守護者』の漫画版からだった。ばかでかい白黒の縦縞のシベリアン・タイガーにものすごい長い牙を生やしたような姿で、「剣牙虎」と書いて「サーベルタイガー」と読ませる。戦争用に訓練された剣牙虎とそれを操る兵士で組織されたのが剣虎兵部隊で、主人公の新城直衛中尉が相棒の剣牙虎の千早と戦場を駆け抜けるのが本作のストーリー。

余談:この作品は小説を漫画化したものだったが、原作者と漫画家の協力関係がうまくいかず、単行本5冊を刊行しただけで「諸事情により終了」となった。話が面白かったので残念。

20071101200625.jpg

…That’s ファンタジーではなくて何だろう??
剣牙虎はかっこよかったが、実在するわけないと思った。


しかし、本当にいたんですなぁ。(京極堂の益田風に)


Smilodon.jpg

800px-Smilodon01.jpg

サーベルタイガー(剣歯虎):漸新世後期から更新世にかけて栄えたネコ科の食肉獣の総称。肩高は1m~1.2m。上顎犬歯が独自に発達して20センチに及ぶ短刀状の牙となり、大型動物を専門に狩るための武器として使用された。巨大な犬歯は雌による性選択によって進化したものだが、これは一種の過適応であり、これが原因で環境へ適応が出来なくなりやがて絶滅したと考えられる。(Wiki)


思えば、人間のイマジネーションには必ず原型があり、ゼロから生まれるわけではない。そういう視点で、フィクションのネタの元ネタを探したら面白そうだ。



スポンサーサイト
別窓 | 趣味に走るが | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<無駄そのもの | 紅炉一点雪 | Where the story ends>>
コメント
わたしもBiology majorだけど知らなかった!! まぁわたしは基本Cell系ばかりでほとんど動物系は取らなかったからね~

そうそう、ビザとか色々厳しいから結局日本に帰ることにしたよ!! 8月中には帰るからそしたら遊ぼう♪ 今どこだっけ?? 
2009-06-20 Sat 17:33 URL | uriboz #-[ 内容変更]
uribozさんへ

やっほー。
哺乳類学とかでやったのかも知れないけど、覚えてなかったよ…。

Oh!日本に帰って来るのかい。
やっぱり労働ビザを取るのは大変なんだね。
つよしもそんな事を言っていた気がする。

私は今、三重県の亀山市に住んでるよ。
名古屋まで電車で1時間半ってところ。
神奈川の実家に帰る時は、新幹線を使って4時間半かかるけど。
まぁまた連絡ちょうだいよ~。



2009-06-20 Sat 23:41 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。