なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
寸評
2009-09-17 Thu 08:30

51IRrW94UTL.jpg

『幻月楼奇譚2』 今市子
今さんの本は作者買い。どれも面白い。

「殺したいほどは愛してないってのは、愛しているから殺せないって事だろう。めんどくさい…」
「あたしにはわかりませんよ。楽しく暮らして何がいけないんですかね」



513HYRSMF0L__SX230_.jpg

『not simple』 オノナツメ
圧倒的な物語。この作者にハマるきっかけとなる。

「”家族”を求めていない俺の方に、それは来て、それを求めてきたあいつは、今どうしているのか…」



RIMG2246.jpg

『ソラニン』 浅野いにお
会社に入ったばかりの頃に読んで、ものすごく共感して揺さぶられた。
内容があまりにタイムリーだった。今でも心に残っている作品。

「これでいいんだ」
「本当に?」
「いいんだ」
「…本当に?」
「(無言の絶叫)」




ところで、明後日から2泊3日で長野県・八ヶ岳に行って来ます。
北海道以来、川遊びばかりで山登りに行っていなかったので、体力としばらく使っていなった装備にちょっと不安…。リーダーに言われて上長(課長)に登山届を提出したものの、提出された課長がきょとんとしていた。








スポンサーサイト
別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<句作 | 紅炉一点雪 | レガッタ参戦>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。