なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
熊野の海
2009-09-27 Sun 05:25
世界遺産の熊野古道で知られる熊野へ遊びに行った。
江戸時代、「伊勢に七度、熊野に三度」と言われた熊野詣で。
紀伊半島を南下して、和歌山県へ足を伸ばした。


P1280405c.jpg
獅子岩のある七里御浜。久し振りに波の音を聞いた。


P1280406c.jpg
ここのビーチはなんと丸い石。砂礫海岸というらしい。


P1280420c.jpg
トイレのタンクの上に置こうと拾った石。

ここで一句。
波打ち際から拾った時は、濡れてきれいに光っていた石だったが…。
『思い出石 乾いてみると ただの石』


P1280512c.jpg
熊野大社本宮・第三殿。祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)。

紀伊半島はまさしく、『古事記』の世界が息づく神々の古里であった。






スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<言葉と世界 | 紅炉一点雪 | 句作>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。