なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
解釈
2009-10-30 Fri 05:26

海風やさしい 陽だまりの中で
大好きな人に さよならと言った

森山直太朗 『土曜日の嘘』 


この歌の歌詞を聞くたびに思い浮かんだのは、自分が相手にさよならを告げ、相手が「どうして?」と涙を浮かべながらこちらを見つめている情景だったが、今日ふと違う風にとらえることもできるんじゃないかと思った。それは、別れるのは悲しいけど、門出のために涙をこらえて笑顔で相手を見送るというもの。B'zの『さよならなんかは言わせない』にある、「あてのない門出を泣きながら祝ってくれた君が愛しい」のような場面だ。後ろではなく前を向いて別れを言うこと。その方がいい。





スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ノートに書いたこと | 紅炉一点雪 | スカイ・クロラ>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。