なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ノートに書いたこと
2009-10-31 Sat 05:44
今日は5時の始発電車に乗って、岐阜県下呂の御前山(1411m)に登った。その山頂にメッセージ用のノートが置いてあって、朝から考えていたことを書いてみた。

「私は歩き、山に登るが、その経験はただ私の中を通り過ぎて行くだけで、それらが少しでも私のものになったのかどうか…。分からない。」

まぁ何を考えていたかというと、こうして人と会って話をしたり、山に登って素晴らしい景色を見たりするのはとても楽しいんだけど、それが何かを残してくれたかどうか、自分を何か変えてくれたかどうかというと、どうなんだろう…みたいな。それで私が悩んでいることが解決するわけではないし、なんかもやもやしている気持ちが消え去るわけではないし、それらの経験はただ私の中を通り過ぎて行って、結局何も残らないんじゃないの、と思ったのよ。

ああ朝焼けがきれいだとか、京極夏彦の本が面白いとか、そういうのはあるんだけど、でもそれだけなんだよね。それは一瞬のことで、世界は何も変わらない。銀さんは「そういうのが面白いと思えるうちはいい」と言ってるんだけど…。なんでしょう、この空しい感じ。秋だからかしら。





スポンサーサイト
別窓 | 自分って実は | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<高校生の自分へ | 紅炉一点雪 | 解釈>>
コメント
ただ通り過ぎたと感じるのは今だけなんではないですか?
きっと自分で体験したことですから頭のどこかには残ってて
将来思い出したりとかすると思います。
次の山登ったときに”こっちの山の方がキツイ”とか。。

きっと結果は時間が経ってからじゃないとどういう影響があったのかとか分からない気がします。
2009-11-03 Tue 14:20 URL | kyokocat #-[ 内容変更]
私も最近そんなこと考えたよ。
ちょっと違うかもしれないけど
この瞬間楽しい、きれい、面白いなどと感じても、それが今後の生活の何の意味になるんだろうって。
今が楽しいだけで、将来につながらに感情なんじゃないかって。
いつか時間がたたないとわからないけど、今の楽しいが、将来のどこかの経験に役立てばいいな、と思います。
2009-11-03 Tue 21:14 URL | Onitomo☆ #-[ 内容変更]
kyokocatさんへ
やっぱり、終わってみないとわからないのかなぁ…。
歴史事件が後世による評価を待つしかないみたいに。
しかも、後からしかとやかく言えないものなんだけど、
後からとやかく言う頃にはもう何も変えられないんだよね。
世の中というのはうまくできているわ。

確かに、物理的経験は忘れないね。
頭がそれを忘れてしまうとしても。

2009-11-04 Wed 01:02 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
Onitomoさんへ
たとえば雪の中でキャンプして穂高岳に登るなんていう少し前の自分には想像し得なかった経験をすることで、世界が何か変わるんじゃないか、新しいものを得られるんじゃないかと思っていた。でも別に変わらなかったんだ。仕事のストレスも、自分への嫌気も、将来への不安も、いつも通りそこにあって。あれだけ色々なことに感動し、達成感もあったのに、それは表面だけだったのか?それは自分を変えてくれる”役に立つ”経験とはならないのか?期待と失望、そして苛々したもどかしい気持ちになる。なんでこんなことを思うようになったんだろうね。年齢のせいなのかな。

2009-11-04 Wed 01:15 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
ある経験をすることによって自分の世界を変えようと思うこと自体が大それたことなのではないだろうか。経験とは通り過ぎるものではなく、蓄積されていくものだと思う(良い意味でも悪い意味でも)。刹那的だと言われるかもしれないが、それをしている間、嫌なことを忘れられてすばらしいと思ったり没頭できる時間を得られたのならば、それはそれで良いのではないのだろうか。

なんて、えらそーに言いつつ自分も悶々してますけど。私の場合、「これが将来に…」とか深くまで考えないけど。ただ何があって自分の一生が終わるか分からないんだから、一瞬の幸せであろうと美味しいと思うケーキを我慢しないでいきたいです。
2009-11-04 Wed 02:03 URL | ayumi #NYOp8AMs[ 内容変更]
ayumiさんへ
それもあるかもしれないし、なんかこう、どこにいても一緒だなというのも思ったしね。来ることがあろうとは思わなかった場所にいたとしても、人間としての”ハメ”は外せないというか…。京極夏彦は言っているよ、「幸せになるのは簡単さ。人間をやめればいい」と。あれ、なんか話の趣旨がずれてきた気がする…。

今日、組合の研修でトヨタの堤工場を見学してきたよ。知立って昔は東海道の宿場の一つで、その頃には「池鯉鮒」って書いたんだってね。鯉や鮒が名産だったらしい。知ってたかい、愛知県民?(笑)

2009-11-06 Fri 19:07 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。