なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
はったい粉
2009-11-30 Mon 07:05
はったい粉という食べ物がある。麦を炒って粉にしたもので、なんとなーく昔に食べた思い出があって、香ばしくて(砂糖を加えるので)甘くておいしかったような気がする。先日、大台ケ原に山登りに行った帰りに、お土産屋さんにはったい粉が売っているのを発見して買ってみた。

Wiki① 別名は麦焦がし(むぎこがし)、煎り麦(いりむぎ)、香煎(こうせん)。
(私が買った袋には「はったい粉」、その左に「麦焦がし」、その下にカッコで「こうせん」と各種の呼び名がほぼすべて書いてあった)

Wiki② 保存性がありながら、いつでも食べられる簡便食、携行食として重宝されている。チベットでは類似のものをツァンパと呼び、主食としている。

Wiki③ 徳川家康も好物であったとされる。

Wiki④ 時代劇では着物や体に付着している泥やほこりははったい粉が用いられていることもある。

なるほど~。
ちなみに、私ははったい粉に砂糖を加えてお湯で溶いたのと牛乳で溶いたので食べてみた。なかなか素朴でおいしいのでお試しあれ。




スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ゲームのために | 紅炉一点雪 | キャンプファイア>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。