なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
2009年
2009-12-25 Fri 05:45
年の瀬ですね。
さて、2009年を振り返って。

社会人2年目、25歳。何かの節目のような、でも何でもなかったような一年。まだ色々と教えてもらいながら仕事をし、週末や連休には山登りを楽しみ、たまに会社の人たちと飲み会に行き、徹夜で同期の友人と遊び、好きな本や音楽やネットに興じ…。それで一体何の不満があるんだい?という感じだが、なぜだか気分はぐだぐだ気味で(特に最近)。それは、銀魂の総集編でおなじみの「万事屋の背景画をバックにしたあてのない会話とつっこみによる時間稼ぎのぐだぐだトーク」のごとくで。

来年はもっと目的意識を持っていきたいと思います。
ボケーっとしてたら、時間なんてあっという間にたってしまう。
1分をバカにする者は1分に泣くのである。
口内炎が痛いとか言ってる場合じゃない。


いつもブログを見てくれる皆さまへ
 今年はありがとうございました。
 来年も宜しくお願いいたします。




スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<『トーマ』の小説版評 | 紅炉一点雪 | 白いやつ>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。