なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
引っかかりやすい人
2007-01-06 Sat 18:57
相手の言っている事を信じやすい。一旦そういう事になってしまうと断れない。こういう性格であるからには、騙されやすい事この上ない。お店で店員さんに何かを聞くのも苦手だし、返品やクレームは極力避けたい。よっぽどの金額じゃない限りはガマンする方を選んでしまう。

で、最近また引っかかった。サンディエゴへの航空チケットをネットで買った時の事だ。買うのがギリギリになって値が上がり、「あーあ、高かったなぁ」と思いながら予約を終えた後、画面に出た「今買ったチケットの金額の15%が返って来る!!」という宣伝文句に目が釘付けになった。この世でタダなものなんてない。きれいなバラには棘がある。自分にそう言い聞かせていたものの、ついクリックしてしまった。そしてそのまま名前とメールアドレスを入力して登録。それが長い苦悩(大げさ)の始まりだった。

そのサービスのカラクリはこんなものだった。そのサービス自体は、月額料金を払い、加盟店での買い物や食事が割引になるというもの。60日間の無料体験期間があって、それから有料になる。チケット代の15%を返してもらうには、旅行の後に「飛行機に乗った」という証明書を出してもらって、その会社に送らないといけない。それから4~6週間後に小切手が送られて来るという。しかし、普通にそれだけ時間がかかったら無料期間中に小切手がもらえそうにはない。しまったぁと思った。

メンバーシップをキャンセルするにはメールじゃダメで、東海岸にあるその会社に電話をかけないといけない。それが億劫でたまらず、今日はもう遅いから明日こそ電話しよう、今日は忙しいけど明日こそは電話するぞ…、そう思い続けて一ヶ月以上が経った。60日間の無料期間はもうすぐ終わってしまう。

そして今日の昼、意を決して電話をかけた。
「あの、メンバーシップをキャンセルしたいです。」
「どうしてですか。」
「(うっ…)えーと、そちらのサービスを全く使わないからです。」
「少々お待ちください。(音楽)お待たせしました。説明させて頂きます。我々のサービスを利用するには…(省略)…するとこんなに安くなるんです。わかりましたね?」
「いえ、でもキャンセルしたいんです。」
「どうしてですか。」
「(うろたえつつ)だから、外出をしないのでこのサービスは必要ないんです。キャンセルは出来ないんですか?」
「では、これからは外出をしてサービスを使って頂ければ宜しいのです。(きっぱり)ではお客様のメンバーシップはこのまま保留しておきますね。」
「(息を吸い込んで)あの、本当にキャンセルしたいんです!」
「(しぶしぶ)…わかりました。」

10分に渡る格闘の末、やっとキャンセルできた。
やったよ、やったよ自分!
これからは気を付けよう…。

スポンサーサイト
別窓 | 自分って実は | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<魚料理 | 紅炉一点雪 | ちらりズムの世界>>
コメント
★ そうそう
おいらも同じようなことが度々。
断るのって、けっこう大変なんだよねぇ。
相手はプロだし。。お互い気をつけましょう。
2007-01-07 Sun 15:35 URL | nagi #C0I4A.uM[ 内容変更]
なぎへ
そうなんだよねえ、相手はプロなんだよね。
きっとそういう風に言われているんだろうなと思ったよ。
だから別に悪意はないし、悪徳商法とは言えないんだけどさ。
ほんと、お互い気を付けましょう。
2007-01-09 Tue 11:08 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。