なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
888万ドルの寄付
2010-01-10 Sun 21:26
“中国毕业生向耶鲁大学捐款888万8888美元”
环球时报特约记者李秋恒报道,据耶鲁大学公共事务办公室网站1月4日消息,美国耶鲁大学校长理查·莱文教授宣布,耶鲁2002届毕业生张磊已经承诺,将向耶鲁大学管理学院(SOM)捐赠888万8888美元。这是到目前为止,耶鲁管理学院毕业生捐赠的最大一笔个人捐款。

なかなか面白いニュースである。

アメリカ・イェール大学の修士と博士課程を卒業した中国出身の張磊氏が、イェール大学に888万8888ドル(=約8.3億円)の寄付を行った。これはイェール大学史上最大の寄付金額である。張磊氏は大学の支援を得て興したHillhouse Capital Management(基金)で25億ドル規模の資金を管理していると言われ、「イェール大学が人生を変えてくれた。その恩に報いたい」とインタビューに答えた。

これに対して、興味深かったのがネット上の反響だ。批判派が「巨額の寄付をするなら、なぜまず祖国にしないのか?」「出身校の中国人民大学には寄付をしないのか?」と言う一方で、それを見て冷ややかに「我々がそんな小さいことばかり言っているから、有能な人材は海外に出て行くのだ」「自国の教育システムをまず見直すべきだ」と言う者もある。

イェール大学は卒業生の寄付に多く頼る私立大学だが、まずは学生に多くを与えることから始まるという。その上で社会に出て事業を築いた卒業生から寄付(=返還)を受け、さらに優秀な学生が集まるようになるという良循環がある。(私がいたのは州立大学だったので、それとはまた勝手が違う。)愛国心という兄貴風を吹かせて、まずは金を出せという考え方からは脱却せねばなるまい。



スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Intercourse and Intelligence | 紅炉一点雪 | 『トーマ』の小説版評>>
コメント
テンプレート可愛い!
チュチュがいっぱいだ~~~(←違う

全く論旨からずれますが、金額が半端なのが気になる。
(8がめでたい数字だから?)
2010-01-12 Tue 00:27 URL | ayumi #-[ 内容変更]
今年はトラ年なのにネズミ?って思いました笑
でも可愛い~

半端は確かに気になりますね。
別に1000万ドルでもいいだろうに。。

寄付出来るくらいのお金持ちになりたいです!!笑
2010-01-12 Tue 13:44 URL | kyokocat #-[ 内容変更]
ayumiさんへ

チュチュって一応ネズミ科だったっけ…?
懐かしいものを思い出したな。

そのとうり!(榎木津風)
8は「発」の音に通じ、「発財」で大金持ちになるという意味だから縁起がいい数字なんだよ。
マージャンにも緑色の「発」があったでしょう。
赤色の「中」=当たると同じなのである。

2010-01-12 Tue 23:02 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
kyokocatさんへ

あ、特に干支を意識したわけではないです。
トラというなら、黄色で一緒ということでどうだろう。

>寄付出来るくらいのお金持ちになりたい
本当にそうだね。
故郷に錦を飾るというかさ。
UNRに100万ドルぐらい寄付できたらねー。
え、あってもUNRには寄付しないかもって?(笑)

2010-01-12 Tue 23:10 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。