なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
Intercourse and Intelligence
2010-01-12 Tue 07:08
これから述べる記事は、真面目な社会学です。
《引用元(英文):http://www.gnxp.com/blog/2007/04/intercourse-and-intelligence.php》

Gene Expressionというサイトに載せられた記事によると、2つの科学的データがわかったという。一つは、IQが高すぎる、または低すぎる人ほど性交渉経験率が下がるというもの。これはまた、犯罪率とも比例するそうだ。下のグラフを見ると、女性のカーブの反りが男性よりも大きい(IQによる経験率の差が大きい)のも気になる。

Picture-2-750736.png


もう一つは、MITとWellesley大において専攻科目別に調査したところ、理数系学部の学生の方が性交渉未経験率が高かったというものである。

Picture-1-720552.png

<TOP10>
数学 83%
化学、生化学 83%
政治学 73%
生物学 72%
国際関係学 71%
心理学 70%
未決定 68%
経済学 65%
歴史学 62%
哲学 57%

あれ、言うほど理数系学部ばかりでもなくないか?
ちなみに、最下位なのは演劇学…未経験率0%。

※科学的調査とは、常にSampling error(対象選択による偏り)とGeneralization(傾向の拡大解釈)を含むことを忘れずに。


なお、生物学部の学生を皮肉ったこんな下りがあった。
「At MIT, 20% of 'humanities' majors were virgins, but 73% of biology majors. Apparently those most likely to read Darwin are also the least Darwinian!/
MITでは、人文学部の学生が20%ほどなのに対して、72%もの生物学部の学生がバージンなのである。もっとも忠実にダーウィンの進化論を実践すべき彼らなのに、実はそれとはかけ離れた所にいることがわかった。」

Biology studentをバカにするとは許せーん!





スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<鉄板 | 紅炉一点雪 | 888万ドルの寄付>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。