なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
魂からの言葉
2010-01-26 Tue 06:36
And if I cried would you hold me? softly whisper everything is ok.
Because I live to breath the sky that hangs high above you,
and the tears that I had before will simply say... that I love you.

Blue October "Mountain"


(音楽が好きな知り合いに片っ端から聞いても未だに知っているという人に巡り合ったことがない素晴らしきマイナーバンド、しかしその痛々しくも美しいグランジ・ロックに惹きつけられてやまない)Blue Octoberの新アルバム“Approaching Normal”が出てるのを発見し、アマゾンで即買いした。日本からは買えないかと思っていたので、手に入ってうれしい。

歌を聴いていて何となくわかっていたけど、本人のインタビューを見て、バンドの音楽性と精神的志向を決定付けているヴォーカルのJustin Furstenfeldは重度の薬物中毒から回復した経歴があって、Blue Octoberの曲は突き詰めれば彼の両親への懺悔の言葉であり、ずっと側にいてくれた兄への感謝の言葉であり、薬物中毒を隠して4年間付き合った彼女への謝罪の言葉であり、別れてしまった今も元気かどうかと尋ねる気遣いの言葉であり、かつて救いの手を差し伸べてくれようとした人々の誠意を振り返る言葉であり、薬物中毒で命を落とした何人もの友人たちへの哀悼の言葉であり、そして彼らの分までこれからはきちんと生きていこうとする誓いの言葉なのだ。そんな魂からの言葉が、シンプルなドラムのビートとしっかりしたギターのリフと匂い立つようなバイオリンの音色に乗ってつづられる、Blue Octoberとはそんなバンドである。

"Clumsy Card House"という曲を振り返ってJustinは言う。「子供の頃、雨の日曜日が好きだった。外へ出て芝生の上を滑ったり、水をかけあって遊んだのが楽しかったんだ。いつか自分の子供がそうして遊ぶのを見たいと思う。まだ子供はいないけど、いつかね。そのためにも自分は正しく生きなきゃならないし、正しく人と付き合う方法を学ばなきゃいけないんだ。そうしていつかは自分の子供が庭で遊ぶのを見るのさ。明けない夜はないよ。」
心に響いて、少し涙が出た言葉。



スポンサーサイト
別窓 | 趣味に走るが | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<偽名使用 | 紅炉一点雪 | アバター with ジブリ>>
コメント
★ October Blue
October Blueね、そこそこ有名っぽいよー。
俺、Hate Me好きだよ!
思うにHate Meはさび聞いた事ある人結構いると思うので、
聞かせてみれば知ってる人発見出来るかも!?
2010-01-27 Wed 08:38 URL | よーすけ #U0b.BxUY[ 内容変更]
よーすけさんへ

久し振り~。コメントありがとう!!

Hate meはヒットしたね。あれも歌詞がすごい好きだよ。同じアルバムに入っているInto the oceanをバイト先のラジオで聴いたのがBlue OctoberのCDを買ったきっかけで、それからかなりハマってったんだよね。

でも私の不満は、日本のどこのカラオケ屋を探してもBlue Octoberの曲が入っている所がないことだよ!Calling youとHate meとInto the oceanぐらいはあったっていいのに。まあ、どれもカラオケ向きな曲ではないが…。

機会があったら、アルバム「Foiled」と「History for Sale」を聴いてみておくれ~。

2010-01-27 Wed 21:41 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。