なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
曲げられない女
2010-02-18 Thu 08:00
早紀(主人公)
「あたしだって本当はしんどいわよ!!楽してチーズだって、ワインだって飲みたいわよ!
でもっ!不安や寂しさに負けないのが生きるっていうことなんじゃないの!?
……そう母に言われました。(中略)
だから私は、山を下りるわけにはいかないんです。ヘリコプターには乗れないんです」

藍田「…今、一瞬シャッター開いたよね」
璃子「すぐ、閉まったけどね」
藍田「あいつ、本当はアツい奴だったりして」
璃子「まさかぁ」

ドドンッ!(←太鼓の音)


cap198.jpg



私はテレビドラマをほとんど見ない。テレビはもっぱらNHKと世界遺産とアニメ専門である。それなのに最近、たまたま見た『曲げられない女』というドラマが面白くて、久々にドラマを続けて見たいと思った。そんなことを思ったのは、サバカレーと玉置浩二の歌う主題歌「田園」で有名な『コーチ』(1996年7月-9月、フジテレビ系)以来である。

あらすじは……面倒なので説明しない。そんな選択はドラマの中でしかできないよ、実際はもっと現実的で打算的な判断をせまられるもんだよ、と思いつつ、逆にだからこそ人はドラマ(フィクション)を見るのだろう。



スポンサーサイト
別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<王都妖奇譚 | 紅炉一点雪 | 酒席の笑い話>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。