なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
今年の占い
2010-02-22 Mon 04:05
同期の友人から借りたファッション雑誌の占いコーナー。生年月日から“宿命数”を割り出し、それで“命主”という自分のタイプを選び、「本当の性格」と「恋愛傾向」を解説してくれる。命主には以下の10タイプある。

誠実な預言者/優雅な貴婦人/華麗なる舞姫
情熱的な詩人/才覚ある王妃/心優しき聖母
麗しい女剣士/愛らしき姫君/果敢なる旅人/寛大なる賢人

自分でやってみると、タイプは『情熱的な詩人~身を焦がすような愛に生き、愛に死ぬ生粋のロマンチスト~』とのこと。「安定した人生よりも、波乱万丈を好む生来のロマンチスト。知性と感性にあふれた芸術家肌で、自分のセンスを生かして物事を作り出すことに喜びを感じます。感情表現は豊かですが、物事に敏感すぎる面と熱しやすく冷めやすい点は弱点と言えるでしょう」だって。あ、けっこう当たってる気がする!YES,アイム芸術肌!あと最近、自分でも熱しやすく冷めやすい(あきっぽい)性格なのがよくわかってきた!

と、普段はあんまり信じない占いを真剣に読んだあとで、
…あ、タイプの割り出し方まちがってた…。

もう一度やり直してみると、『果敢なる旅人~身も心も自由でなければ生きられない究極の旅人体質~』だった。「どんな時も型にはまらない自由な魂を持ち、ユニークな発想と創造性で人生を大胆に渡っていこうとします。仕事でも恋愛でも、常に夢を追いかけるロマンチストといえるでしょう。物欲や執着心がほとんどなく、あまり組織に属するのは向きません」。

…結局ロマンチストで、あきっぽくて組織には向かないらしい。
まぁ、当たらずとも遠からずと言っておきましょう。



スポンサーサイト
別窓 | 自分って実は | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<共通化設計 | 紅炉一点雪 | 王都妖奇譚>>
コメント
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-02-23 Tue 01:28 | #[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。