なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
映画評:ブラインドネス
2010-02-25 Thu 07:22
何かのレビューサイトで「ブラインドネス(Blindness)」という映画を知り、「原因不明の感染症によって次々に失明する人々。隔離施設の想像を絶する劣悪な環境の中で、やがて見出される人間の本質と真実の愛を描いた傑作」というレビューにひかれて借りてみた。

ああ…、脱力。なんかもう、言葉が出ないような作品だった。映画に感動を求めているのならばまったく不向きな作品で、そして私は映画に感動を求めるタイプだったのだ。まず、合理的な説明は一切ない。何が病気の原因なのか、どうして主人公だけその病気にかからないのか、施設を脱出して目の当たりにする外の世界の荒廃っぷりに至る過程など、何の説明もない。次に、メインに描かれる隔離施設の中の惨状が陰惨すぎる。廃屋のような施設、増え続ける収容者、行き渡らない食料、ところかまわず放置される汚物、外に出た患者を射殺する見張りの兵士。これだけでも見ていてしんどいのに、さらにむごい状況になっていく。拳銃を振りかざして「王」を自称する男は仲間と食料を独占し、他の者に金品を要求し、金品が尽きると女を要求する。三日の絶食の果てに女性たちがその要求に応じた集団暴行シーンの容赦ない描写は見るに堪えないし、暴行と同時に振るわれた暴力によって殺された女性の遺体を残りの女性たちが黙りこくって運ぶシーンに至ってはもう気分は陰鬱そのものだ。

やがて色々あって(もう書く気力もない)、施設を脱出して外に出たら世界は廃墟と化していて、野犬が大通りに放置された死体に群がって喰らうような情景があった。最後は人間らしい生活への喜びや仲間同士の絆を感じ、さらには最初に失明した男が視力を取り戻し、希望をほのめかせて映画は終わる。それにしても中盤がしんどかった。「なんでこんな映画を見ているんだろう」と久し振りに思った。



スポンサーサイト
別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<チェロ猫 | 紅炉一点雪 | 共通化設計>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。