なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ニッケルバック
2007-04-01 Sun 11:09
ラジオではまった歌、第二弾。
NICKELBACKの"Photograph"。

Every memory of looking out the back door
I had the photo album spread out on my bedroom floor
It's hard to say it, time to say it
Goodbye, goodbye.
Every memory of walking out the front door
I found the photo of the friend that I was looking for
It's hard to say it, time to say it
Goodbye, goodbye.

「裏のドアを振り返るたびに思い返す思い出
ベッドルームの床に散らばった昔のアルバム
なかなか言えない
でも言わなきゃいけない
Goodbye, goodbye.
表のドアを踏み出すたびに思い返す思い出
ずっと探していた友達の写真を見つけた
なかなか言えない
でも言わなきゃいけない
Goodbye, goodbye.」

他の歌詞では、「記録によれば法を破ったのは二回、でも実際は半ダースほど」だったり、「初めてキスした女の子、彼女には今とっくに子供がいる」だったりして、基本的にワルガキだった昔を振り返る切ないオトナの歌。スティーブン・キングの小説にもそういうモチーフが多い。笑いつつ泣きつつ振り返るのが昔というものか。


スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ありがと | 紅炉一点雪 | 茅ヶ崎っすか>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。