なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
錫杖ヶ岳
2010-05-10 Mon 07:33
P1210707c.jpg

津市方面に20分ぐらい車を走らせると錫杖湖というダム湖があり、その傍らには676メートルの錫杖ヶ岳がそびえている。それなりに傾斜のある2キロ弱のコースは1時間ちょっとぐらいで登れるが、大きな岩が横たわる頂上は狭く切り立っていて、360度の大パノラマが望める。


P1210711c.jpg

南には滋賀まで伸びる鈴鹿山系、北には世界遺産の熊野古道を擁する山々、西には山間に消えゆく名阪国道、そして東には平野が開けていて、私の住む亀山市と高速道路がとぐろを巻く亀山ジャンクション、その先に大型モールのある鈴鹿市、海沿いには県庁所在地の津市、少し下って松阪市、工場の煙突が並ぶ四日市市、そして遠くに高層ビル群がかすむ名古屋まで見える。街並みの向こうには伊勢湾が広がり、海の青と空の青が二つの境界線をぼやけさせている。まあ、一つだけ言うなら自分の会社がよく見えてしまうのが難なのだが…。(あと、住んでいるマンションも見える。)


P1210718c.jpg

そんなあまり手がかからずに空に近い場所へ行ける錫杖ヶ岳が好きで、この日曜日も前述の車の整備を済ませた後に登りに行った。これで5回目の登頂である。すでに山登りするには遅い時間だったので山頂には誰もおらず、山頂の岩の先端に座って、晴れ渡る空と上記の景色をぼけーっと眺めていた。今色々迷っていることについて考えよう、結論を出そうと思って登りに来て、あの空に近い場所で深呼吸をすれば何かいい考えが浮かぶのではないかと思っていたが、特にそんなこともなかった…。今度は本とお弁当を持って、一日中あのてっぺんで過ごしてみたいものだ。


(写真は11月の撮影)



スポンサーサイト
別窓 | 自分って実は | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<何つながりですか | 紅炉一点雪 | ヨタスパ>>
コメント
きれいですね。
実際に自分の足で登ってから見る大パノラマは感動ものでしょうね。

ゆにんさんの写真見ていたら山に行きたくなりますvv

そういえば岳は映画化しますね。
小栗君が三歩さんらしいです。
2010-05-11 Tue 09:48 URL | kyokocat #-[ 内容変更]
kyokocatさんへ

山はいいですよー。小さな一歩一歩の積み重ねであんなに高くまで行けるのに感動する。

7月の三連休に槍ヶ岳(3180m)を登る計画があって、鍛えないとなと思って登りに行ったのもあるんだけどさ。日帰り登山はとにかく身軽だからいいけど、泊まりだとでかくて重いザックを背負わないといけないから大変だわ。

「岳」の映画はどの山で撮るんだろう?奥穂高とか北穂高とか涸沢カールとか写らないかな~。機会があったら一緒に山に行きたいね。

2010-05-11 Tue 22:57 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。