なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
25人の白雪姫
2010-05-27 Thu 07:00
タントのCMで、ゆうすけサンタマリアの演じる夫婦が「主役なんだから早く早く!」と桃太郎の格好をした幼稚園の息子を学芸会に送り出し、舞台が始まってみるとそこには桃太郎がずらりと並んでいて、「全員主役!?」と驚いて終わるというものがある。あれはシュールなギャグだと思っていたが、あながちそうでもないらしい。

昨日やっていたテレビによれば、ある小学校のクラスで『白雪姫』のお芝居をやることになり、女子がほぼ全員主役の白雪姫を望んだ。ジャンケンで一人に決めさせたものの、相次ぐ保護者からの強硬なクレームに担任の先生が耐えきれず、ついに女子全員が白雪姫を演じた『白雪姫と7人の小人』ならぬ『白雪姫と25人の白雪姫』なる意味不明なお芝居になったという。他の保護者が驚く中、白雪姫の保護者たちは大満足。似たようなことは世界中の学校で起きているんだとか。

これはよく考えればおかしな状況である。主役の白雪姫が人気だったのは、それがたった一人しかいない主役だからだ。他に小人とか魔女とか木とか動物とかを演じる大勢がいて、やっと一人の白雪姫は主役たり得るのである。そうやって成り立つ白雪姫の主役としての価値は認めながら(京極堂風に言えば“古い時代の約束事”を引きずりつつ)、それを成立させる条件をまるで無視して『白雪姫と25人の白雪姫』にするというのはすごい矛盾だ。…そんなんでうれしいか?

敗者がいるからこそ勝者が存在し、少数派がいるからこそ多数派が成り立つ。(たとえそれを理解しない多数派によって、少数派が常に迫害され蹂躙される運命にあったとしても。)全員が勝ち組になったらそれはもう勝ちではない。光しかないことと闇しかないことは同義だ。完全に平等でまっ平らな世界ではきっと人間は生きていけない。なぜなら他者との違いが自己の輪郭を認識するための境界線だからだ。他者との優劣をつけなれけば人は自分の存在さえ把握できない。だから生きることは常に痛みを伴う。そうやって境界線を引かなければならない痛みが。



379978_xlarge.jpg




スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<服を脱いで外へ出よう | 紅炉一点雪 | おしりとの相性>>
コメント
なんか怖いよね。
子供が少なくなって親が1人の子をかわいがるのはわかる。
でも、そんなことして子供はちゃんと育つのかな?
わがまま放題、望めば親が何でも叶えてくれる、つまりは何にも自分じゃできない子になっちゃいそう。。。
それって子供のせいじゃないじゃん?親のせいじゃん!!
自分が子供には絶対そんなことしない!って思うけど、かわいくてやっちゃうかも・・・
もし私がそんな変な親になってたらこのコメントのこと思い出させてね!笑
2010-05-30 Sun 00:12 URL | Onitomo☆ #-[ 内容変更]
Onitomoさんへ

子供の数が減るのは先進国の必ずたどる運命で、子供一人あたりにかけるお金が増えるからなんだけど、それは各々の幸福が増した言うべきなんだよね。たとえば、長男が弟妹たちの生活のために進学をあきらめて働くなんてことをしなくてもいいようになったとかさ。

どうするのが本当に子供のためになるかっていうのは難しいね。良かれと思って甘やかすのも厳しくあたるのも結果がどう出るかはずっと後のことだし、子供自身がそれに感謝するかしないかも予測がつかない。そこはもう自分の信念に従うしかないのかな。君なら大丈夫だよー。信念ならあるでしょう!

スライドはあんまり関係ない内容だったんだけど、なんかああいうレクチャーのスライドが懐かしくてさ~。アブノーマルサイコだ!とか思って(笑)。

2010-05-31 Mon 22:05 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。