なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
誤訳
2010-06-08 Tue 03:34
『奇兵隊』
幕末、高杉晋作らによって組織された長州藩の戦闘部隊。「奇兵」とは「正規兵」の反対語で、武士と庶民からなる混成部隊を意味する。薩長が主導した王政復古の後、奇兵隊は官軍の一部となり旧幕府軍との戊辰戦争で戦った。高杉は泰平の世で堕落した武士よりも志をもった彼らの方が戦力になると考えていたとされ、隊士らは西洋式の兵法をよく吸収して当時最新の兵器を取り扱い、戦果を上げた。(Wikiより要約)


今日、新しく内閣総理大臣に就任した菅氏が会見で下記のように述べた。

「奇兵隊というのは武士階級以外からも色々な人が参加をしてつくったわけですから、まさに幅広い国民の中から出てきたわが党の国会議員、これが奇兵隊のような志を持って勇猛果敢に戦ってもらいたいという期待を込めて、『奇兵隊内閣』とでも名付けてもらえればありがたいと思っています」

さて、7時のニュースを副音声の英語(同時通訳)で聞いていたところ、この部分で「…so, I would like to call it “ The cavalry cabinet”.」と聞こえてきた。


…まて。Cavalryは騎兵隊だよ!!キヘイタイ違いですよっ!( ̄△ ̄;)


「キヘイタイ」と聞いて「奇兵隊」と変換して、「幕末に高杉晋作が組織した長州藩の混成部隊で戊辰戦争を戦った云々」と通訳しろという方が無理なのかも知れないが、惜しい誤訳だ。



スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<when September ends | 紅炉一点雪 | キスもだめ>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。