なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ある夕暮れ
2010-07-27 Tue 07:16
うちのマンションのベランダ(7階)から、けっこうきれいな景色が撮れます。空とか、雲とか、山とか、田んぼとか。そりゃーもう自然豊かな所なので、建物はあまりありません。これは、先週に撮った夏の夕暮れである。(クリックで拡大)


1 (2)
白く光る月と紫雲(?)たなびく東の空。とてもファンタジーな光景だった。

1 (3)
その下にカメラを向けると警察署。街の安全の守ってくれます。

1 (4)
西の夕焼け空。見慣れた鈴鹿山系と、右下が通勤路の旧国道一号線。

12.jpg
注目すべきは左の田んぼの中を走る電車(関西本線)。超「千と千尋」っぽい!


ところで、車の走行計が77777kmをカウントした。このタイミングで宝くじを買うと当たるらしいが、残念ながらどこに買いに行けばいいのかがわからなかった。運もそうだけど、今ほしいのは勇気と決断力、そして現状に甘んじない精神だ。



スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<山の怪談 | 紅炉一点雪 | ムーンライト伊吹>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。