なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
幸福な思い出
2010-09-10 Fri 21:20

「出会い別れ 土に埋もれ
日が沈むように死んでゆく

本当に優しくなれるのは
色あせた景色を見てる時」

B'z『夢見が丘』 作詞:稲葉浩志 作曲:松本孝弘


最近またB'zを聴くようになり、色々と複雑な(そして今から思い返せばやや後悔も残る)いきさつを経て人からもらうことになった『B'z The Best "ULTRA Treasure"』(青にシルバーの方)を車でかけながら通勤している。

歌詞に限らず人の言葉から触発を受けることが多いが、上記の歌詞を聞いていてぼんやりと思ったのは、本当の幸福というのは思い出の中にしかないものなのかもしれないということ。現在が(将来に振り返ってみて)幸せそのものであっても、これが絶対に一番だ、これ以上のものは有り得ない、となかなかリアルタイムに実感することはできない。なぜなら現在の状態というのは常に流動的なもので、次にはどうなるのだろう?とか、こうしてみたらもっと良かったのかな?などを延々と考えて過ごしているからだ。

思い出とは、壁にピンで留められた標本のような、岩石の中にきっちりと埋もれて微動だにしない化石のようなものだ。それを改変できないことと引き換えに、初めてそれを全体的にそして客観的に評価することができる。そこでしか、「ああ、これは本当に良いものだった」と嘆声をもらすことができないのではないだろうか。


そんな、懐古主義者の幸福論。






スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<PAPARAZZI | 紅炉一点雪 | 化粧のはなし>>
コメント
★ No title
現実にはしんどい思いをしていても
”振り返って”みてどう思うかは
時が経たないと分からないですよね。

思い出だと美化出来ますよ笑
過去の事がとても懐かしく素敵に思えますね。
2010-09-11 Sat 23:38 URL | kyokocat #-[ 内容変更]
★ No title
kyokocatさんへ

そう、思い出は美化されるから幸福なのです。
それは自分で自分を丸めこむ“騙し”なのです。
でも「幸福に感じる」ということが一番大事であるゆえに、
人はそれを甘んじて受け入れるのではないでしょうか。
(報道番組のシメ風に)

「思い出はいつもキレイだけど
それだけじゃお腹がすくわ」
Byマリー

2010-09-12 Sun 20:42 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。