なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
今日のツボ
2010-09-15 Wed 06:26

さっき、テレビを見ていて笑ってしまった。

最近たまにやっている「世間の常識とズレまくったお金持ち芸能人NO.1決定戦!!」みたいな番組を見ていた。当然そういう番組なので、お金持ち芸能人たちは次々に(あくまで平均的な庶民から見た)非常識さを披露し、「初めて吉野家に行った時に“個室はないか”と聞いた」とか、「成人式の特注の衣装代は650万円」とか、「家に1億円以上かけて作った壁まで純金のトイレがある」とか、「家に金の延べ棒がごろごろしていて、小さい頃はそれで積み木遊びをしていた」とか、「飛行機にはファーストクラスしか乗ったことがなくて、エコノミークラスは修学旅行生用のものだと思っていた」とか、「お年玉は100万円、ちなみに今でももらっている」などなど、ハイソな人たちの生活が垣間見られる。


そんなお金持ち芸能人の一人である、グラビアアイドル(最近プロレスデビューを宣言したらしい)の愛川ゆず季に対して、彼女の父が一句詠んだ。

「苦労なく 育てて仕事は ほぼ水着」

↑これに爆笑でした。
そこは職業選択の自由というものですよ、お父様。





スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<月と雷 | 紅炉一点雪 | わき毛の未来>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。