なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
高すぎる壁
2010-11-26 Fri 07:54
物事に何もこだわりを持たないことは腑抜けとの謗りを免れないが、何かに対してこだわりを持つというのは時につらいことでもある。ここで言うこだわりとは例えば、これが正しいという信念だとか、これが誇らしいというプライドなどだ。信念は日々せねばならない善悪の判断基準となるし、プライドとして自分の家族や出自(民族・国家など)に対して愛着や誇りを持つことはとても当たり前なことだ。これらは、表に出るかどうかの差はあれど、すべての人間にとって生きる上での支えになっていると思う。

つらいのは、それらのこだわりを持っているがゆえに他者とぶつかる場合があることだ。信念なり誇りなりを持つということは、その根拠となる対象とそれ以外を線引きして分けていることと同じだから、信条や出自が違う人間が違う線引きをする以上、争いは避けられない。(しかもその違いは妥協も解決も出来ない。)

自分の拠り所を他者から否定される時の鋭くそして後を引く苦痛というのは、そもそも“そんなこだわり”を持ってしまったがゆえだ。生きる上で支えてもらっている助けと否定された時に負う痛みのどちらが大きいのかは、完全に自分の主観の問題なので見極めようと思ってもなかなか難しい。

他者の信念を否定しなければ自分の信念の正しさを定義できないような場合、他者の誇りを傷つけなければ自分の誇りを保てないような場合、本当にそうするしか方法はないのだろうか。物理的定量に縛られないはずの概念の世界は、そのくせ共に存在しようとすると誰彼もが争わなければならないほど狭いものなのだろうか。(もちろん、その偏狭さから抜け出せていないのは私自身も同じで…。)答えはまだ見つからないが、久しぶりにこだわりを持つことのつらさ(否定される痛み)を経験して、またこの壁に行き当った。


Imagine there's no countries
 It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
 And no religion too
Imagine all the people
 Living life in peace
(John Lennon - Imagine)




スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<やましいです | 紅炉一点雪 | 激情の滓>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。