なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
言い換え
2011-01-08 Sat 23:21
P1360127c.jpg
  しばいぬ (京都・嵯峨野)



日本語は創造力に富んだ言語だ。最近知った言葉…「自宅警備員」。そういえば、この言葉が流行ったらしい2006年にはまだアメリカにおったけんね。警備員といえど、セ○ムの話ではない。いわゆる引きこもりやニートのことだが、「我々はただのごくつぶしではない!自宅(or自室)の警備を行ってるんだ!」と正当化して、あるいは自虐的に呼び始めたものらしい。『雇用主は親、報酬は住居と食事、夜間専門12時間労働、家事のたぐいは業務外』というネット上の親切な説明を見るにつけ、「言い換えたら何にでもなる日本語ってすごいな」と実感する。読書で夜更かしして、今日は起きてカーテンを開けたら鈴鹿山系に沈んでいく夕日しか見られなかったが、こりゃ自宅警備にさえならんかったな~という話。



P1360042c.jpg
  お賽銭 (京都・嵐山)





スポンサーサイト
別窓 | 自分って実は | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<外国にいる意味 | 紅炉一点雪 | The Last Dive>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。