なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
白米と脚気
2011-02-26 Sat 22:53
昔、江戸の風土病とまで言われたのが脚気だ。どういう症状かというと、手足がむくみ、しびれてひどいと運動障害を起こし、心不全を起こすというもの。徳川家定や徳川家茂、小松帯刀などが脚気により死んでいる。原因はビタミンB群の不足なのだが、それがわかって脚気が根絶されたのは昭和20年代に入ってからだった。

脚気が「江戸わずらい」とも呼ばれたのは、江戸時代の安定期に入って庶民にいたるまで玄米ではなく白米を食べる習慣が広がり(当初は白米を食べられる将軍などの富裕層に発症した)、少ない副菜で大量の白米を食べたからだった。当時は一日に五合の米を食べるのが普通だったそうだから、今からは想像しがたい。また、米を作る農民は年貢が重くて白米をめったに食べられなかったし、地方の藩士が江戸勤務になって白米を食べるようになると発症し、地方に帰って玄米や麦飯を食べると治ったことから特に「江戸わずらい」と呼ばれるようになった。

落語によると、「麦飯食ふくれえなら死んだ方がましだ」とは白飯を常食としていた江戸の大工や左官の口癖で、食生活に恵まれていた江戸っ子はそうやって胸を張って白米ばかりを食べ続けて、原因もわからずに脚気に苦しんでいた。事態は明治に入ってからも同じで、日露戦争(明治37~38年)の戦死者48,000人のうち、脚気による死者が30,000人に上ったという。「脚気」は「結核」とならぶ二大国民病とされた。

現代の我々が白米を食べていても脚気にかかっていないのは、ビタミン群を含む副菜を多く取っているからだ。毎日が塩ご飯だったらきっとやばい。そういうわけで、野菜を食べよう。





スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<おかげ横丁 | 紅炉一点雪 | イエローテイル>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。