なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
お金かモノか
2011-03-24 Thu 23:38
うちの会社が東北関東大震災への支援として、復興支援金1億円・ソーラー発電システムの設置・避難所などへの液晶テレビや白物家電の寄贈・従業員による募金の寄付を公表した。せっかくソーラーの技術があるのだから、こういう時に大いに役立てるべきだと思う。

災害時の支援には、まずお金がいいのか、それともモノがいいのか。お金だけあってもモノが買えないという状況は、インフラが寸断されていて物資が滞っている時にはよくあることだ。停電でお店がやってない、商品が品切れ、ガソリン不足に長蛇の列などが起きている。映画「タイタニック」でも、金を渡して救命ボートの座席の確保を使用人に命じたカルが、「こんな時に金なんて役に立つか!」と札束を投げ返されるシーンを思い出す。

しかし、モノによる援助もある程度の条件を必要とする。まずは輸送手段だ。ローソンは震災直後におにぎり15,000個を生産して被災地に届けようとしたが、陸路でも海路でも賞味期限内に届ける方法がなく、政府に掛け合った結果、航空自衛隊の軍用機で運んだらしい。また、被災地域の港や新幹線や高速道路がどんどん復旧していくのを見ると、日本の災害に対するノウハウの高さに改めておどろく。

一方で諸外国が日本に色々な支援物資を送ろうとしているが、毛布に対しては「日本と規格が違う」、救助犬に対しては「検疫で1ヶ月かかる」、食品に対しては「日本語のラベルが貼られていない」、コメに対しては「余剰米があるので困っていない」と政府から断られたケースが出ているという。難しいものだ。





スポンサーサイト
別窓 | 会社に行くと | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<いつかは | 紅炉一点雪 | ろーそく>>
コメント
地震援助参考サイトで「お金が一番」て読んだよ。
ある程度落ち着いてきたら、やっぱり何にでもなるお金がいいんかな。
幸い、首都以南はちゃんと機能してるし。
2011-03-25 Fri 01:31 URL | まちゃこ #-[ 内容変更]
うちの会社も寄付金出すらしい。
ただ、ちゃんと税制上優遇される出し方するらしいです。出すほうもちゃんとビジネス的に考えてるんだと妙に納得しました。
2011-03-25 Fri 18:13 URL | ねずみ #-[ 内容変更]
まちゃこへ

そう、お金が価値を持つためには、最低限の社会機能が保たれていることが
必要なのよ。ある意味で、お金が通用するならまだ大丈夫だと言える。
パニックを起こしたタイタニック号の甲板の上では無理だったわけだ。

周波数の違いで関西電力や中部電力は関東・東北地方に送電できず、
くやしいことに計画停電の軽減を手助けすることもできないんだけど、
東と西に一発ずつ大きな地震が来たら日本は終わりだねと話していた。

2011-03-25 Fri 21:20 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
ねずみさんへ

税制上優遇!!なんて抜かりがないんだ。
うちの1億円はたぶんそこまで考えてないだろうな…。
企業には社会的責任がありますからね。
日ごろのコンプライアンス研修を思い出すわ。

あと、イチローも1億円を寄付したらしい。
社員3万人=1人ってどんだけよ。

2011-03-25 Fri 21:23 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。