なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
添い寝クラブ
2011-04-24 Sun 00:37
世の中には、添い寝クラブというものがある。若い男女が温もりほしさに一緒に眠る。しかし、ただ眠るだけ。ほとんど裸で夜を共に過ごすけれど、性行為はしないというのがルールというもの。4/22に始まった「シマシマ」というドラマはそれを描いた作品だ。私はあの原作が掲載されていたモーニングの不定期読者で、添い寝クラブというのもあの漫画を読んで知ったのだが、最近知り合った人がなんとリアルにその経験を持っていたのだ。(彼の方が漫画よりも数年先なのでパクリではない。)

その知り合いは、営業をやっているルックスの良い同年代の男性。既婚者で、一児の父である。好感の持てる爽やかな話し方と屈託のない笑顔、それにユーモアもあって、営業職の人はやっぱりコミュニケーション能力の高さが違うなーと感心する。その彼が、飲み会で語ってくれた。「ぼくはセックスが好きじゃなくて、でも一緒に眠る時の女の人の温もりは大好きで、それで添い寝クラブを立ち上げたんですよ。部員は4~5いたんですけど。お母さんに抱っこされてるような安心感っていうのかな…。何もしないで横にいてくれるだけでいいんです。」

事実は小説よりも奇なりというが、それを聞いた時には本当に驚いた。一つ違うのは、「シマシマ」では添い寝ビジネスとして描かれているが、その彼がやっていたのはボランティアの添い寝クラブ。彼には決まった添い寝パートナーもいて、相手の女性に彼氏がいても、そして彼が結婚しても二人の添い寝関係は続いたらしい。その安らかな関係が終わりを告げたのは彼に子供が出来てからで、長年の添い寝パートナーの女性は「子供の姿が見えちゃう…」と言ってもう二度と添い寝してくれなくなったという。

内容がなんであれ、お互いが求めるものの一致がすなわち幸せだ。





スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<鑑定団 | 紅炉一点雪 | 熱唱>>
コメント
★ No title
漫画の世界だと思っていたら実際にあるんですね。
驚きました。

私も人のぬくもりを感じながら寝たいです。
課題が・・・あり過ぎて寝られない。。
2011-04-24 Sun 05:20 URL | kyokocat #-[ 内容変更]
★ No title
kyokocatさんへ

でしょでしょ~。
聞いてびっくりしたよー。
彼は漫画「シマシマ」のことも知ってたけど、
「でも僕の方が先ですから」となんかうれしそう。
でも、よく考えたら奥さんも添い寝パートナーも
キープするのってずるいんじゃねと思いつつ。

ま、忙しくて寝られないうちが華ですよ。

2011-04-25 Mon 00:34 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。