なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
律儀な物理
2007-04-29 Sun 07:30
物理ではとにかく単位が山ほど出てくる。
その決め方がいちいち律儀なので面白い。
「力」や「仕事量」なんてあやふやなものに単位をつけねばならないので、仕方がないのだろう。

力の単位である「ニュートン(N)」はもちろん、かの高名なリンゴ好き(笑)の物理学者の名前にちなむ。1ニュートンとは、「1Kgの質量をもつ物体に1メートル毎秒(m/s2) の加速度を生じさせる力」らしい。まったくもって想像が難しい説明だ。

そこから生まれるのが「ジュール(J)」だ。1ジュールとは、「1ニュートンの力が物体を1メートル動かす時の仕事」である。感覚としては、100gほどのリンゴを1メートル持ち上げた時の仕事の量(解説より抜粋)だそうだ。物理はなんでこうリンゴが好きなのかね。

それからたぶん一番なじみが深いのが「カロリー(cal)」か。1カロリーとは、「1グラムの水の温度を1℃上げるのに必要な熱量」とのこと。換算としては1cal=4.184Jとなる。1カロリーを消費するには4個のリンゴを1メートル持ち上げればいいということか。

余談だが、最後の物理のラボがキャンセルになって早く終了した。
TAのマーリンが言うには、「やってもいいんだけど、セットアップが大変なんだよね。それに授業ではカバーしない範囲だからさ」。
最近はずっと光学についてやっていたのだが、そのラボは何をするのかと聞いたら、「Nuclear physicsだよ」との答え。

ひぇ~~。思わず核爆弾のキノコ雲が脳裏に浮かんでしまった。

スポンサーサイト
別窓 | 会社に行くと | コメント:4 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<落ちたー | 紅炉一点雪 | なりたいもの>>
コメント
興味深いことを学んでいらっしゃるのですね。(うらやましい・・・)
原子の中に存在する核力には、心惹かれます。以前私たちの体ひとつで日本のエネルギーの2年分がまかなえると聞きました。10年以上前のことなので、今の消費エネルギーをもってすれば少し違う計算になるかもしれませんが、そうであっても、私たちの体の奥深いところ・・つまり原子の中にそのような力が秘められているにも関わらず、それがある日突然爆発するというような心配もなく穏やかに暮らせていることに感動しました。自然界に存在する法則は、とても安定しており、信頼できるだけでなく、私たちを楽しませるもので満ちています。人間がその事実に対して、高慢になったときにそこは侵され始め、私たちは人間の手による崩壊を見るようになりました。それまで原子の一粒一粒は、計り知れない力を持っているにも関わらず、静かに働いていたのに・・・。人間一人の体の中には、大勢の人の目をつぶせる光に変えることが出来るエネルギーや、大勢の人を吹き飛ばせるほどの破壊力がありますが、私たちは、そのエネルギーを微笑むことや、笑うことや、語り合うことや、歌うことに使っています。確かに、自然界に存在するエネルギーはどれも・・・真の意味で『知的に』『道徳的に』用いるならば、幸福になれるはずです。悪い人が侵害しない限り。悪者は誰だ!?
2007-05-02 Wed 10:00 URL | mega #-[ 内容変更]
詳しいことはわからないけど、核分裂が成功すれば、
10円玉くらいの量で、リノが一瞬で消えるらしいよ。
PHDとってる人が核分裂の研究してるけど
いいように使えばものすごい膨大のエネルギーをつくれて
とても便利だけど、
悪いように使えばおそろしいものになるんだよね。
いいことが生まれれば悪いことも同時に生まれる。
皮肉なものだね。
2007-05-03 Thu 06:35 URL | あっこ #-[ 内容変更]
megaさんへ
私がやっている物理の授業よりも、megaさんのお話の方がずっと興味深いです。確かにどの原子にも核があり、その核が融合したりするだけでものすごいエネルギーになる。人体を構成する原子の数は膨大ですから、本当にそれくらいエネルギーがあるのでしょう。

しかしまた自然界の法則により、エネルギーの使い道は自由ではありません。食べ物を消化して、脳を働かせたり筋肉を動かしたりするエネルギーにする事はできますが、自分の指先で意のままに核融合を起こせるわけではないですよね。もしそれほど原子が不安定なものだったら、地球が出来て生命が生まれる事はなかったでしょう。だから、そういう制限がある事に対してもやはり自然界の法則は合理的なのだと思います。また、それがきっと「分相応」というものでもあります。

megaさんの文脈で言えば、核の技術を開発してしまった科学者たちこそが分相応を越えた悪者です。しかしそれは人類の技術発展の一部分であり、彼らだけを悪者にするわけにもいきません。それだったら、ダイナマイトを発明したノーベル、電気を発明したエジソン、火薬を発明した古代中国人、果てには火を手に入れた原始人までが皆、その発展に「加担」している事になります。

とてつもない核のエネルギー。それをどう使うかが、人類どころか地球の存亡に関わるというのは本当でしょうね。

2007-05-04 Fri 11:44 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
あっこさんへ
10円玉でリノですか。それは想像を超えますね。
広島を吹き飛ばしたリトルボーイだって抱えるほど大きかったはずだから、あれから半世紀以上が経って、さらに効率良くエネルギーを抽出する技術が進歩したのでしょう。
使い方によって利にも害にもなるというのは、人類が手に入れてきた全ての技術に言える事だと思います。
「人間は出来るとわかった事を試さなかった事はない」といいますが、それによって人は本当に発展と破滅の紙一重の所で生きているのでしょうね。

2007-05-04 Fri 11:53 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ニュートンニュートン(Newton)は、力の大きさをあらわす国際単位系(SI)の単位。記号はN。1904年にロバートソンにより提唱され、アイザック・ニュートンの名にちなむ。1960年に国際単位系の単位となる。1キログラムの質量をもつ物体に、1メートル毎秒毎秒の加速度を生じさ …
2007-09-30 Sun 11:21 単位がないと不便
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。