なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
鑑定団
2011-04-26 Tue 22:13
火曜日の夜9時にやっている「なんでも鑑定団」をよく見ています。
おかげで、骨董を1ミリぐらいかじったような気分になったりして。

本人が自分の鑑定眼を信じて高いお金で買ったもの、代々家に伝わっているもの、知人が借金のかたに置いていったもの、旦那が集めたのをガラクタとして奥さんが持ってきたものなど、お宝の出自はそれぞれで、その紹介だけで面白い。余談だが、これを見ていて「知人に何十万円~何百万円を貸してそのまま返ってこなかった」という話のなんと多いことか。世の中、金銭トラブルで色々な事件が起きるわけである。

さて、お宝の出自の紹介の次にはそのお宝の紹介である。たいていは作者の一生とその作品を追ったもので、美術史の教養をつけることができる。それから本人評価額の提示があって、鑑定結果が出され、審査員がその価格にした理由やウンチクを語ってくれる。

評価のウンチクで、「この落款はよくまねてはいるけれど偽物です」とか「この年号の時にはその人物は亡くなっているので本人が書いたものではありません」とかだったら納得できるのだが、そこはアートの世界だから、こんな評価があったりする。

「この壺はね、ナントカの釉薬の上からナントカの釉薬をかけ、三つの貝の高台に乗せて焼いてあって、確かに古唐津焼きの特徴を全部備えてるんだけど、それだけなんですよ。本物はもっとこう、ぐわーっと内面からわき上がるようなエネルギーが感じられるんです」

その結果、代々家に伝わったお宝がたったの3,000円。
そんな主観的なことを言われてもわからんっちゅーに!





スポンサーサイト
別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<イギリス気質 | 紅炉一点雪 | 添い寝クラブ>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。