なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
奈良駅物語
2011-06-09 Thu 23:23
最近、通常の仕事以外にある全社的な活動に参加していて、全国3万人の社員から(選ばれし物好きな)若手45名が集まって、“来年創立100周年を迎えるにあたって、次の100周年に向けたスゴイ事を考えよう!”というテンションの高いプロジェクトである。おかげで月に一度は東京や大阪に出張して気分転換にもなっているが、アツいメンバーたちに支えられて活動は結構忙しい。

本題はそのうちの一人の話なのだが、別の事業本部ながら私と同じこのド田舎事業所から参加したTくんという人がいた。彼とはこの活動で初めて会った。とにかく同じ勤務地から行くということで、一緒に長い電車に乗る仲間ができたじゃん!と勝手に喜んでいたのだが、彼が人見知りなのか何なのか、移動が一緒にならないように避けていることに気付いて、そっとしておくことにした。

そして先日、奈良県生駒市への出張があった。その日、Tくんと同じ電車に乗っていることに気付いたのだが(1時間に1本なんだからそりゃかぶる…)、彼がずっと寝ていたので別に声はかけず、降りてからも別々に行動していた。生駒駅へ行くには奈良駅で乗り換えねばならず、JR奈良駅から近鉄奈良駅まで歩くのだけど、同じ奈良駅なんだからせいぜい隣だろうと思っていたら、なんとバス2駅分もの距離があった。(ありえん!)

それを知った私は、乗り換え時間のなさに焦った。近鉄に乗り慣れない私には、調べてあった電車の次はいつなのか、どれ行きなら生駒に止まるのかなどが分からず、それを調べるにも余分な時間を食うからだ。仕方がないので、スーパーから出てきたおばちゃんに道を聞きながら、とにかく早朝の商店街を必死に歩く。その時に思ったのが、「ああ、Tくんと友達になれていれば、関西出身の彼に案内してもらって焦らずに行けたのになぁ」という心細さからのグチであった。そんな、人付き合いとはうまくいくこともあれば、そうじゃない時もあるという話。





スポンサーサイト
別窓 | 会社に行くと | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<まっ赤な太陽 | 紅炉一点雪 | 金沢旅行>>
コメント
気軽に声を掛けられる人もいるんでしょうけど
私もそんなに仲良くなかったら話掛けれないですね。。
別に損をしているわけではないけど得もしてないみたいな。
2011-06-10 Fri 14:26 URL | kyokocat #-[ 内容変更]
kyokocatさんへ

そう、損はしてないけど得もしてない。
そんな時は得してないってだけでなんか腹立つ。笑

人間関係は押し売りしちゃいけませんからね。
何事も中庸なりと思うようにしています。

2011-06-10 Fri 21:54 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
★ ちょっとおもしろい話ですね
日常のありがちな話ですが、含蓄がありますね。
人間関係において、適度・適切な距離感を意識することは、とても重要だと思います。
それが上手にできる人は、大人の知性や品格、奥行きをも備えているということになるのでしょうか。
2011-06-11 Sat 10:59 URL | あかつき太郎 #-[ 内容変更]
あかつき太郎さんへ

その「適度・適切」がいつも難しいと思いませんか。
例えるならば、肉じゃがにおけるジャガイモの
固ゆで派と煮くずれ派がわかり合えないように…。

結局は、あまり深く考えないこと。
これに尽きるのかなと思います。(諦観)

2011-06-13 Mon 00:47 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。