なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
心理テスト
2011-09-03 Sat 01:28
Mixiに出ていた「自分がわかる心理テスト」とやらをやってみた。

①動物の名前を1つ書く。その動物に対する印象を3つ書く。
②もう一つ動物の名前を書く。その動物に対する印象を3つ書く。
③さらにもう一つ動物の名前を書く。その動物に対する印象を3つ書く。
④「海」という言葉を書き、海に対する印象を3つ書く。
⑤「壁」という言葉を書き、壁に対する印象を3つ書く。

よく言われることだが、直感で書け!書いたら変えるな!とある。
なので、直感でこんなことを書いた。

①馬: 大きい、力がある、大人しい
②ライオン: こわい、強い、よく寝てる
③カバ: 大きい、かたい、半目
④海: 大きい、深い、青い
⑤壁: 白い、高い、静か

で、これがなにがしかの深層心理を表しているのだとか。

①あなたが自分自身をどう見ているか
 →私の苗字を知っている人にはわかるでしょうけど、
  名は体を表すっていうんですかねえ、ホント!笑

②周囲があなたをどう見ているか
 →そんなにこわいと思われてるつもりはまったくないです。
  モットーは「人にやさしく」(byブルーハーツ)ですから。

③あなたが周囲にどう見られていると自分で思っているか
 →かたくて半目だと思われてると思っているという診断…。
  あなたはかたくて半目だと言われても実に判断に困る。

④あなたが生をどのようにとらえているか
 →そりゃ海をたとえて色々な言い方ができますがね。
  人生は航海のようだとか、晴れもシケもあるんだとか。
  でもたぶん、底なしに深いってのが一番しっくり来る。
  一生かかったって、よくわからないのだろう。

⑤あなたが死をどのようにとらえているか
 →高くて白い壁の前に静かに立っている様子が浮かんだ。
  それで、目の前の壁を不思議そうに見上げている。
  時間は必ず流れて、誰にでも死はやってくる。
  死という壁に区切られて、初めて生は存在できる。
  でもいざ壁の前に立った時は、きっとこんなことを
  考えてたことさえ忘れているのだ。


これで自分がわかったかな…?いや、やっぱりわからないです。









スポンサーサイト
別窓 | 自分って実は | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ホットソーク | 紅炉一点雪 | チャリンコ>>
コメント
★ 私もそれやりました
こういうのって、直感に従えって言いますけど、実際直感の赴くままに書くと判断に困りますよね。
「周囲があなたをどう見ているか」が「にゃーごろごろすりすり」で「ジャンプがすごい」って何なんでしょう。
というより最早印象ですらない。

「海(=生)」が「でかい」「しょっぱい」のはともかく、「波の音がいい」ってのはゆにんさんならどう解釈します?
「壁(=死)」が「ぬりかべ(水木しげる版)」ってのも…目が小さくて細いとかそんな感じなんでしょうか…

まあ、そもそも私の回答がおかしいのがいけないんですけど!
2011-09-03 Sat 21:05 URL | 花流 #CYdLuodA[ 内容変更]
花流さんへ

これをやったのなら、あえて⑥を外したのがバレますね。
解説しても微妙~な内容だったので外しました。笑

あ、それネコですね!超わかりやすいし。
まー私の「かたくて半目」と判断に困る度的には
いい勝負じゃないっすか?

波の音はリズミカルっていうことだから、
喜びも悲しみも寄せては返すのが人生さ☆という
「島唄」の歌詞のような解釈はいかがでしょうか。
勝手おごらず、負けてくさらずってやつです。

水木しげる版のぬりかべ…解釈に困る…。
個人的に水木しげる師匠の達観した生死観に基づいて、
諾々と受け入れるような印象がありますね。

2011-09-04 Sun 02:49 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。