なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
休肝日調査
2011-10-11 Tue 23:10
G259E20Got20Beer.jpg
"got beer?" Beer Opener


亀山にいた時は、コンビニ一つ行くにしても車を運転しなければならず、おちおち飲んでいられなかったが、大小の飲み屋が軒を連ねる大阪に引っ越してから、確実にお酒を飲む機会が増えた気がする。そこで、家・店を問わずその日にお酒を飲んだかどうか、一か月以上に渡る追跡調査を実行した。カレンダーに○×をつけるというやり方で、今日までの32日間のデータを一挙公開!

< 曜日 飲んだ日 % >

  月   4/5  80%
  火   1/5  20%
  水   4/4  100%
  木   1/4  25%
  金   1/4  25%
  土   2/5  40%
  日   4/5  80%

  合計  17/32 53%

調査期間は32日間、そのうち飲んだ日が17日間で、53%という実績。(意外に)半分ぐらいちゃんと休肝日してるじゃん!というのが私の感想である。飲んだ日あるいは飲まなかった日が続いたのは、どっちも最長で3日間。3日続けて飲んだのが3回、3日続けて飲まなかったのが1回あった。あとは、1~2日おきぐらいにほどよく織り交ぜられている。

意外だったのは、ハナキンと呼ばれる金曜日や次の日休みの土曜日にあまり飲んでいなくて、日曜日から月曜日にかけてなぜか調子が上がって行き、火曜日は「そろそろ休肝日しなきゃ」と制限するものの、週の中日である水曜日には飲酒率が100%をしめることである。

これには理由がある。まず、金曜日にあまり飲んでいないのは、最近三連休が多く、三連休になると遠出して山登りなどに行ったりするので、仕事を終えてから直行で前乗りして短時間の仮眠しか取らない金曜日はあまり飲む機会がなかった。また、水曜日が飲酒率100%を誇るのは、今勤務している本社では水曜日が“ノー残業デー”で、「どっか飲みに行くならこの日に」となりやすいからである。都会ってサイコー。

お酒は楽しくほどほどに、ですね。





スポンサーサイト
別窓 | 自分って実は | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<27歳 | 紅炉一点雪 | 不信心者>>
コメント
“ノー残業デー”いいですね♪
都会での飲み楽しそうvv
2011-10-12 Wed 13:34 URL | kyokocat #-[ 内容変更]
kyokocatさんへ

今日も水曜日なんだけど、誘われて飲みに行ってしまいました…。未だに水曜日は飲酒率100%をキープです。><

ノー残デーは、緊急の場合以外は残業してはいけない、残業をするなら部門長承認の上で総務に申請をしなければならない、という日です。だらだら残業の防止、および飲み会の促進に効果があります。笑

2011-10-12 Wed 23:15 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。