なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ルー=ガルー2
2011-10-31 Mon 23:45
417LVymQN9L.jpg
例によってどえらい厚さ!


前にレビューした「ルー=ガルー/忌避すべき狼」から10年ぶりに書き下ろされた続編、「ルー=ガルー2/インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔」が出された。めちゃくちゃ楽しみにしていたのはもちろん、もはや本当に出たこと自体が夢のような続編なので、私には珍しいことに発売日に買いに行った。分厚いレンガ本を書くことで有名な京極夏彦氏の中でもマイナーなシリーズの作品なので、おそらく知っている人も読んだ人もあまりいないだろうが、読んだからにはレビューしましょう。でも登場人物を伏せて書くのは難しいので、ネタバレしてもいい前提で書きます。

メジャーな方面のレビュー(美緒の活躍がひたすら爽快だとか、鍵となる毒というのが京極堂シリーズの『邪魅の雫』とつながってるやん!とか)は既出なので、気になった一点のみ取り上げる。それは、物語の核心ともいえるルー=ガルーの名を背負った14歳の少女のこと。ルー=ガルー(loup-garou)はフランス語で狼男を指し、作中では「行き遭った者を屠る」という前置きがついて、要するに殺人者のことである。

この少女はこの上なく賢くて理知的であるにも関わらず、「手にナイフがあって、目の前に首があって、上に満月があって、“ああ、今だ”と思って、気付いたら相手を殺してしまった」という想像しにくいキャラクター性を与えられていて、一作目では己の罪を模索して悩み苦しむ様子が描かれる。(というか、京極夏彦のミステリー作品では、どれも通常の理由ではない殺人が登場する。金銭がらみだとか痴話喧嘩だとかいう俗な理由は絶対出てこない。そのせいで、現実世界が舞台であってもファンタジー性の強い印象が残る。)

ところがこの二作目では、その少女は(色々その場での理由があるにせよ)さくさくと大量殺人をやってのけ、しかも警察部隊の手に負えない敵の強化人間が束でかかってきても、苦もなくバッタバタ倒していくほど強い。そんな大暴れをした後に、「刑事さん、今度こそ僕を裁いてください」「相手が誰でも、殺してはいけないでしょう」と懇願するが、まったく統一性がなくてしっくりこない!あー、大事なところだけにもやもやするっ。





スポンサーサイト
別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<LUMIXとIXY | 紅炉一点雪 | 青年なき国>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。