なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
赤提灯
2011-12-09 Fri 22:09
ただでさえ大阪に来てから飲む機会が増えているのに、年末はあれやこれやの会がたくさんあって、飲んでばかりである。今時先輩が気前良くおごってくれることなんてないに等しいし、同輩の場合は割り勘、他人の送別会に至っては多く払うので、出費が激しい。先日、中華料理屋で調子に乗って飲みまくって翌日まで引きずり(ちゃんと出勤はした)、しかし翌々日には一人でワイン一本をあけたのに意外と平気で、不思議に思ってアルコール量に算出してみることにした。


<中華料理屋の日>
○ビール 3杯
○二鍋頭(中国の焼酎 56%) 1杯
○爆弾(白酒のビール割り) 2杯
※最近はやっている飲み方で、ショットグラスに白酒を入れ、ふちに塩をつけ、グラスごとビールのジョッキに投入する。塩がビールの泡を爆発したように沸かせることからついた名前。

①ビール:ジョッキ当たりのアルコール量(アルコールの比重が0.8ml/g)
375ml×5%×0.8=15g
15g×3杯=45g

②二鍋頭:ショットグラスだから75mlとしよう
75ml×56%×0.8=33.6g

③爆弾カクテル:白酒はたぶん50%ぐらいのやつ
375ml×5%×0.8=15g(ビール)
75ml×50%×0.8=30g(白酒)
(30+15)g×2杯=90g

合計 45+33.6+90=168.6g

<ワイン一本の日>
○9.5%のフルーツワイン
720ml×9.5%×0.8=54.72g


一度に60g以上の純アルコールの摂取が「多量飲酒」と呼ばれる基準値だという。薄めのフルーツワインだったせいもあるが、ワイン一本をあけても意外にアルコール量は多くないことがわかる。逆に、中華料理屋の日は明らかに量が過ぎていた。なお、成人のアルコール分解量が平均6.5g/時間と言われているので、168.6gの純アルコールを分解するには24時間以上かかる。二日酔いになるわけである。納得納得。


「神は六日間で世界を造られた。そして七日目に二日酔いを作られた。」
ロバート・キャパ(報道写真家)






スポンサーサイト
別窓 | 会社に行くと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<大阪城 | 紅炉一点雪 | 秋の鹿公園>>
コメント
お酒、お強いのね…
2011-12-09 Fri 22:57 URL | nagi #-[ 内容変更]

そんなことないヨ━ヾ(*´∀`*)ノ━☆

2011-12-10 Sat 23:12 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。