なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
あるダイエット広告
2007-05-23 Wed 10:46
メール画面の上とかによく出るダイエットなどの広告。
そのあおり文にはこんな文章が。

“「もっとヤセてたらかわいいのに…」といわれた。”

これはえぐいやり方だ。
かわいいという言葉の持つ魔力と、その魔力に縛られ続ける女性の、その心の柔らかい所をピンポイントで突付くようないやらしさ。どれだけ世の女性が苦心しても、満ち足りさせることをせず、それをエサにし続ける美容やダイエット業界の狡猾さ。見ていて腹が立ってきた。

だったら男性にも、「もっと背が高かったらかっこいいのに」といわれた、なんて同じ宣伝文句を使って、関節を脱臼させて体を引き伸ばす中世の拷問器具でも売りつけてみろって感じだ。

スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<音楽と生 | 紅炉一点雪 | 売れるならパクれ!>>
コメント
ゆーにん、最高!!
2007-05-23 Wed 20:56 URL | Eric #-[ 内容変更]
Ericへ
まかして!!
2007-05-24 Thu 03:04 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
今学期、ethnic and women studyってゆうクラスを取ってるんだけれど、その授業でも同じこと習ったよ。

アメリカは、feminismが日本よりも盛んなはずなのに、こういった類の広告がいまだ出回ってて。でも、この授業のおかげで、雑誌の広告の一文字一文字、やたら注目するようになったんだけれど、よく見てみると、

女性の美=細くて、白い

きれいになる為の努力=男の人に愛される為

という、どうして男がいつも選ぶ方なのよ!と、いう・・・
そんなわけで、わたしもなんだかfeministになりつつあるんだけれど、まーさんの言ってること物凄いわかるんだよね。

ただ、日本の女の子たちは、こうゆう考えが常識になってる上に(メディアに影響されつつ)、間違ってるって言ってくれる人も極端に少ないから、ずーっと世代が変わっても、そういう考えだけは残り続けてるんだよねぇ。

で、結局あたしは何が言いたいかっていうと・・・まーさん、本出してくれよ!ってことです。
2007-05-24 Thu 09:03 URL | あずさ #-[ 内容変更]
あずさへ
この勢いで本を出版しちゃおうってか。
それは大きな野望だなぁ(笑)。

私がこんな事を考えるのは、元からそういう社会の女性への押し付けが嫌いなのとアメリカにいるからという両方の理由があると思うんだけど、もし将来日本で働いたりするとなると、これは周りとのすごいカルチャーギャップになるんだろうね。やだなぁ。

もちろん日本でもこういう考えを持つ女性はいるにはいるんだろうけど、ファッション雑誌とかを見る限り、それこそ君の言った「女はかわいくなって男に選ばれるもの」というのが常識だ。それは社会通念のせいだろうし、美容・ダイエット・ファッション業界の戦略も多分に関わっている。まあ、均衡を取るものとして「男もかっこよくなって女に選ばれるもの」というのがあるのだろうけど、均衡が取れているとはとても言えない。(それは私が女の側から見てそう思うだけなのかもしれないけど。)

とにかく「~~らしさ」を押し付ける社会は横暴だし、女性に容姿や体型を過剰に気にさせて不安にさせる商法は卑劣だし、それに振り回される女性自身は卑屈だ。

2007-05-24 Thu 10:56 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
わかる、わかる!日本に居た時はまだ女性が「女性らしく」生きるが普通だって思ってたけれど、アメリカに来てからはいろいろなfeminismに感化されまくって、その「女性らしさ」っていうことさえも、頭にくるようになったわ笑

あたしも、ほんと、日本でこんなこと言ってたんじゃ、生きていけない気がする・・・。

でも、日本の女性は、その「女性らしさ」のイメージに翻弄されてることさえもわかってないからねー。だから、まーさんみたいな人に日本で本を出版すて欲しいのよ。あたしは、いたって真面目ですよ!笑 あたしはさー、文章力ないから駄目なんだよねー。。。涙 だれか、ゴーストライターになってくれるなら、意見まとめるけれど・・・!
2007-05-26 Sat 11:35 URL | あずさ #-[ 内容変更]
あずさへ
君は女性らしい人だと思うよ、うん。いつもきれいだなぁと、そしてセンスのある服装をしているなぁとよく思ったものだ。そういうセンスがまったく生まれ付かなかった私はどうすればいいんだ…。アメリカで大学生やるならジーパン・Tシャツ・パーカーさえあれば一年中やっていけるけど、日本で女子大生やってたらそうはいかないもんね。その点ではアメリカにいて気楽だわ。ネバダパーカーばんざい。

私がそういうのを主張するのはいいんだけどさ、問題は私がおしゃれの出来る人間だったら「皆、女性らしさに囚われている事に気付いて」と堂々と言えるけど、こんなおしゃれも化粧も出来ない人間がそんな事を言った所で「そりゃアンタが出来ないだけだろ」と言われちゃいそうなんだよね。やっぱりそれくらいの嗜みが出来ないと同じ土俵にも立てないかと落ち込むよ。そーゆーのに能も興味もない人間は一体どうすればいいんだ。ああ、こういう私もやっぱり囚われているんだろうな。

2007-05-27 Sun 18:07 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。